写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月25日、企業のIoT活用のための検証施設「IoTデジタルLAB」を開設したことを発表した。

「IoTデジタルLAB」は、IoTでのデータ活用の一連の流れについて、既存システムとの連携や機械学習による分析の高度化を含めて大規模な検証を可能にする施設。

今回、2012年に開設されたビッグデータ検証のための施設「Big Data Processing Lab」に、各種センサーとの連携機能、データ形式の統一や異常値の検出などのデータ加工の機能を追加して、「IoTデジタルLAB」として開設した。製造業や流通業を中心に「IoTデジタルLAB」での検証サービスを展開する。。

デバイスの温度管理や機器の故障予防、スマートデバイスを活用した店舗でのマーケティング、数万台のウェアラブル機器から得られるビックデータの分析など、利用者の活用シナリオをあらかじめ用意されており、準備に時間をかけることなくIoTに関連した機能や実現の可能性を確認することができる。

また、各種センサーや既存システムからのデータ収集を行う仕組み、データの一次処理を端末側で行うエッジコンピューティング、異常値の除去やデータフォーマットの統一などのデータ加工、分析の継続的な高度化を可能にする機械学習についても最新のソリューションが用意されている。

検証前の段階では、ハッカソンの開催を含め、IoTを活用した新規取り組みのアイデア創出を支援し、検証後は、検証結果に基づいて利用者の既存システムに適したIoT環境を構築する。