『アズミ・ハルコは行方不明』の蒼井優&高畑充希

写真拡大

第29回東京国際映画祭が、10月25日に東京・六本木ヒルズで開幕!多数のゲストが一堂に会したレッドカーペットは、女優陣の華やかなファッションが大きな楽しみ。小雨が降るなか、視線をクギづけにした肩だし&セクシードレスの数々をピックアップしてご紹介!

【写真を見る】超セクシー!佐々木希の透け感ドレスをあえてバックで!

まず、傾向として最も目立っていたのが黒のロングドレス。『いきなり先生になったボクが君に恋をした』(11月3日公開)の佐々木希は大胆な刺繍ドレスで出席していたほか、『島々清しゃ』(17年1月21日公開)の安藤サクラはセクシーすぎるシースルードレス姿を披露。『うつくしいひと』(特別上映)の橋本愛は小花をあしらった個性的なドレスを着こなすなど、黒のロングドレスといえどもその着こなしは千差万別!

また、今年最大のビッグゲストであるハリウッドを代表する名女優メリル・ストリープ(オープニング作品『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)の“鶴”をあしらった和柄しかり、和装もひと際鮮烈な印象に。フェスティバルミューズを務める黒木華が朱色の振袖姿を見せたと思えば、『乱鶯(みだれうぐいす)』の稲森いずみは対照的な白ベースの着物姿で大人の色香が漂いまくり!

そのほか、コンペティション部門に出品される『アズミ・ハルコは行方不明』の蒼井優、高畑充希や、映画祭の常連でもある『雪女』の杉野希妃ら、独創的なファッショニスタが続々。映画祭の多彩な上映ラインナップを象徴するかのような、個性あふれる女優陣の装いを堪能しつつ、これからの映画祭を思う存分楽しんでほしい!【取材・文/トライワークス】