24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国はこの先どんなレアアース戦略を採るべきかについて分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年10月24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国はこの先どんなレアアース戦略を採るべきかについて分析する記事を掲載した。

記事は、中国のレアアース貯蔵量がこの10年で37%も下落しており、このペースで生産を続けるとあと15年から20年しか持たないと指摘。一方の日本は、中国から大量のレアアースを輸入していて、300年から400年分を貯蔵していると主張した。

その上で、レアアースは将来の製造業にとっては筋肉と脂肪ように必要不可欠なものであり、中国は将来的に必要不可欠なものが不足し、経済が崩壊してしまうと危機感を示した。それで違法採掘や密輸を防ぎ、レアアースを保護することの重要性を訴えた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「レアアースはすべて輸出禁止にすべきだ!」
「なぜ採掘を禁止しない?なぜ輸出を禁止しないんだ?」

「国はなぜレアアースを保護しないのか、全く理解できない」
「もう売るのはやめて自分たちのために蓄えておこうよ」

「中国人は金のためなら何でもするからな」
「これこそ中国が無能であることの体現」

「みんな汚職役人がしていること」
「これが中国人の一貫したやり方。中国人に損害を与え外国人を肥やす」

「違法盗掘し密輸している人たちを全員取り締まるべき」
「ドバイは石油で世界有数の富裕国になった。レアアースは石油より希少なのに、なぜみんなが豊かになれないのだろう」(翻訳・編集/山中)