写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂ブランドデザイン若者研究所は10月25日、LINEと共同で、若年層を対象とした調査研究プロジェクト「若者インサイトラボ」を開始したと発表した。

インターネット調査は、これまではPCパネルを利用した調査が主流だったが、近年、生活者の主要デバイスがPCからスマートフォンに移行し、特に若年層については、その傾向が顕著なものとなっている。

今回のプロジェクトは、国内で6200万人(MAU)の豊富なユーザー基盤を誇り、国内最大級かつアクティブ性の高いスマートフォン調査パネル(約300万人/2016年10月時点)を保有するLINEと、若者のインサイトについて長年研究を続けてきた若者研が、共同で調査研究を実施、公開していくもの。

同ラボは、代表者を、博報堂ブランドデザイン若者研究所 リーダー 原田曜平氏とLINE 事業戦略室 インサイトリサーチチーム マネージャー 地福節子氏とし、メンバーは、若者研究所5名、LINE5名の合計10名。活動期間を、2016年10月から2017年12月を予定している。

その他、活動内容は、「1.LINEの保有するスマートフォン調査パネルを利用したインターネット調査と分析(月1〜2テーマ)」「2.最新の流行や、若者の特定商品/サービスカテゴリーへの関心、消費動向に関する調査など」「3.上記調査結果の情報発信(WEB、出版など)」。

毎月の調査テーマは季節性を考慮して設定し、初回は11月に「ハロウィン」、2回目は12月に「クリスマス」をレポートしていく予定。