ヒーローらしかぬ過激な暴力と下品なジョーク満載!
 - (C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

写真拡大

 10月24日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『デッドプール』が3週連続で首位を獲得した。

 本作では自己中ヒーロー、デッドプールが繰り出す下ネタジョークや過激なバイオレンスシーンが多く、アメリカではR指定(日本ではR15+指定)を受けていた。だが逆に「原作の持ち味を忠実に映画化している」とファンが評価。本家『X-MEN』シリーズを上回る大ヒットとなった。

 3位に初登場の『オオカミ少女と黒王子』は人気少女マンガの映画化。恋愛経験ゼロながら友達と架空の彼氏との恋愛を語る“オオカミ少女”のエリカ(二階堂ふみ)は、街で見かけたイケメンを盗撮し彼氏だと偽るが、その彼は同級生の人気者・恭也(山崎賢人)だった。エリカが事情を打ち明けると、恭也は彼氏のフリをすることを承諾するが、代わりにエリカは恭也に服従するはめになる。実は恭也の本性はドSの“黒王子”だった。

 先週3位に初登場した広瀬すず主演『ちはやふる』2部作の後編『ちはやふる -下の句-』は5位にダウン。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏で、脚本も手掛けている。

 ドラマ「デスノート NEW GENARATION」は9位に初登場。10月29日公開の映画『デスノート Light up the NEW world』につながるオリジナルドラマをオンライン動画配信サービスのHuluが製作。新作映画でデスノートを巡る頭脳戦を展開する主人公3人、デスノート対策本部の捜査官・三島(東出昌大)、天才探偵・竜崎(池松壮亮)、サイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)をそれぞれ主人公に据えた3話で構成されている。

 10位に初登場の『10 クローバーフィールド・レーン』はJ・J・エイブラムスがプロデュースした密室スリラー。本作が長編映画デビューのダン・トラクテンバーグがメガホンを取り、先が読めない謎めいた世界を描いている。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『デッドプール』(1位)
2位『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』(2位)
3位『オオカミ少女と黒王子』(初登場)
4位『ズートピア』(4位)
5位『ちはやふる -下の句-』(3位)
6位『暗殺教室〜卒業編〜』(5位)
7位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(6位)
8位『殿、利息でござる!』(7位)
9位「デスノート NEW GENARATION」(初登場)
10位『10 クローバーフィールド・レーン』(初登場)

 今週はレンタル開始となる話題作がない中、『デッドプール』が4週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)