「レンタル救世主」で女子高生役の福原遥がドラマの撮影裏エピソードを告白!/撮影=石塚雅人/取材・文=川倉由起子

写真拡大

沢村一樹が“レンタル救世主”に扮して奔走するドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系)で、“レンタル彼氏”を依頼する女子高生ハイジこと葉石りさを演じる福原遥。イマドキ女子高生役の福原遥に直撃し、「レンタル救世主」の撮影エピソードなどを語ってもらった。

【写真を見る】福原が演じるハイジはイマドキの女子高生!現役女子高生の福原でもハイジにつていけないそう!?/撮影=石塚雅人

――演じる女子高生の“ハイジ”こと葉石りさ子の印象は?

最初に台本を見たとき、自分とは全く共通点がないと思ったんです。ハイジはハイテンションで超イマドキの女子高生なので、最初は結構役作りをして挑んだんですけど…現場へ行くとそれがちょっと違ってたみたいで(笑)。

――役作りを急きょ変更ですか?

監督には「ローラさんっぽく」って言われて、それも最初はうまくイメージできずに煮詰まったんですけど一旦頭の中を整理して。あまり考えずに、天真爛漫にはしゃいでる感じを出そうって思ってやったら意外とすんなりOKがもらえました。普段の私も元気は元気なんですけど、ハイジは超イケイケで小悪魔っぽいところがあって。私とはレベルが違いますね(笑)。

――ハイジはセリフも早口ですしね!

そうなんです。ハイジは明るくズバズバ言うタイプで、私の方はあまり滑舌が良くないので。たまに「口が動かないよー!」ってなってます(笑)。

――ハイジは「レンタル救世主」に“レンタル彼氏”を依頼していますが、それは共感できる?

いやー、できないですね(笑)。こういう子もいるんだろうなーっていうのはわかるんですけど、実際行動に移すとはなかなかのブッ飛び具合だなって。本当は寂しがり屋なのかなって思うんですけど、そういう一面も入れ込もうとするとハイジのキャラがブレちゃう気もするので、今は考えずに演じています。

――制服の衣装はどうですか? 実生活でも高校3年生ですし、そろそろ名残惜しいなーとか。

そうですねぇ。でもリアルな学校の制服より私は撮影で制服を着てる方が多いかも。最近のドラマもほとんど制服でしたし、高校を卒業してもしばらくは仕事で着るんじゃないかなって(笑)。

――色んな制服が着られていいですね。

楽しいです! 制服も作品によって全然違いますし。ちなみに今回の制服はミニスカートなんですよ。中にスパッツを履いてるんですけど、それも見えないように2回折りにしてるくらい。短すぎて恥ずかしいです(笑)。小物は通学バックに自分のこだわりを入れてますね。ハイジは普通の肩掛けとかしないかなと思って、リュックにして背負ってるんです。そこにイケイケ感を出せたらいいなって。

――確かにリュックにしてると活発な印象を受けますよね。

私は顔的に大人しい感じに見えちゃうから、そういうところでもハイジのキャラを出そうと思って工夫してます。

――現場での撮影エピソードはありますか?

志田(未来)さんとご一緒したシーンは、和気あいあいとしててすごく楽しかったです。志田さんの役は途中で長いラップを披露したりして、個性的で面白いんですよ。それにみんなで爆笑したり、助監督さんが冗談を言って場を盛り上げたり。温かい現場だなって思います。志田さんはお芝居もお上手で私の憧れの存在。ラップのシーンは家で録画したものを何度も巻き戻して見てるんですが、「すごーい!」しか出てこないです(笑)。

――主演の沢村一樹さんとはお話しましたか?

沢村さんはとても優しくて、私が緊張で固まっていたら話しかけて下さいました。「これってどう思う?」とか「このノド飴いいよ」とか。沢村さんが現場にいるとホッとしますし、いつも面白いので私はただただ笑ってます。

――今作の舞台は横浜ですが、ロケのエピソードは?

横浜は景色がすごく綺麗で、朝から気持ちよく撮影ができています。横浜は昔から好きな街でよく行っていて、今回も撮影が終わると中華街で小籠包を食べて帰ったりしてます。

――素敵なデートスポットも多いですよね。

赤レンガ倉庫とかもすごくロマンチックだし、遊園地のよこはまコスモワールドもいいですよね。憧れちゃいます。

――このドラマのように、もし遥ちゃんがレンタル救世主に依頼するなら?

えーっと、朝起して欲しいです(笑)。私、優しく起こされても起きないんですよ。だから食べ物の香りで釣るとか、イライラしない方法でお願いしたいです。

――何の香りがいい?

パンを焼く香りとか、私が好きなそぼろのにおいとか?

――そうなんですね(笑)。ちなみに遥ちゃんは朝食をしっかり食べる派だとか。

私、朝起きた第一声が「お腹空いたー!」なんです(笑)。家族がいるリビングに行くと、「おはよう」よりも先に「お腹空いたー!」って。朝食のメニューは普通にご飯とお味噌汁が大好きで、朝起きてご飯がないと「どうしよう? どうしよう?」ってなっちゃいます(笑)。

――最後に、女優の仕事の楽しさについても聞かせてください。

お芝居で楽しいのは、自分がどう演じるかによってその役が全然違ってくるところ。当たり前のことなんですけど、その役を成長させていくのも楽しいし、どう見られてのるかっていう周りの反応にも興味があります。ハイジのような個性的なキャラは今回初めてで、今までとはまた全然違う役へのアプローチもあるんだなって分かりましたし。正解がないものだから毎回不安と隣り合わせなんですけど、それがハマった時はうれしいですし。あと今回の現場はみんなが「楽しく撮影すればその楽しさが見てくれる人に伝わる」って言いながらやってて。それが素敵だなって思いながら楽しく演じさせてもらってます。