幸せの青い鳥はどこに?

収益は苦戦、買収は空振り続きのTwitter。もうどうにもならないところまできているようです。ネタ元のBloombergは、「Twitterが今週にも従業員を300人ほどをリストラする予定」だと報じました。匿名情報提供者はリストラ人数は変化する可能性ありと言いますが、まぁ数百人規模になるのは間違いないのでは。

これを受けて、「リストラの噂が事実ならば、第3四半期決算報告という時期にあえてかぶせたのだろう」と、The Next Webは解説しています。悪いニュースは先に出せなのか、決算報告で体制立て直し計画をアピールする狙いなのか…。

打開策である買収話がまとまればなんとかなるのかもしれませんが、それにはTwitterに溢れるヘイトコンテンツという根深い問題から改善しなくてはなりません。これはソーシャルメディアが直面せざるをえない壁であり、一朝一夕でなんとかなるものでもないし…。解決には大きなテコ入れが必要でしょうし、そのコストはどうすんだとね…。

どうなるTwitter。

Twitter買収話:
・Twitter、買いません? 有力候補が続々そっぽ向いて大ピンチ
・買い手候補のSalesforceまでもが去り、Twitter株が大幅安
・誰も買収したくないTwitter。その理由は「ネットいじめ温床」のイメージ


image by Anthony Correia / Shutterstock.com
source: Bloomberg via The Next Web
(そうこ)