高橋ジョージが熟年離婚の原因を「しくじり先生―」で独自分析/(C)テレビ朝日

写真拡大

10月31日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に高橋ジョージ&ムーディ勝山が登場し、それぞれ授業を行うことが分かった。

【写真を見る】ムーディ勝山が自分の器の小ささをざんげ!/(C)テレビ朝日

'93年、自らがボーカルを務めるバンド「THE虎舞竜」でリリースした「ロード」が大ヒットを記録した高橋。その後は映画やドラマの主演も務め、バラエティー番組でも活躍してきた。

しかし、ことしの3月に高橋は58歳にして熟年離婚。孤独な独り暮らしを始めたという。

高橋は離婚に至った原因を“強烈にしつこい”自分の性格にあったと自己分析。そんな性格になった理由を生い立ちからたどり、少年時代に高橋が体験した壮絶な過去も明らかにする。

さらに、番組では“熟年離婚を経験した男性は10年も寿命が縮まる”というデータを紹介。還暦を目前に離婚した高橋に待ち受ける、恐怖の数々が明かされる。

一方、ムーディ勝山は'07年に「右から来たものを左へ受け流すの歌」でブレーク。当時コンビで活動していたムーディだったが、売れっ子になった後は相方をとことん見下し、まるで捨てるようにコンビを解散してしまったと告白。

ところが、テレビ界から消え世間から忘れられつつあるムーディに反し、かつての相方は活躍を見せているという。

ムーディは一連の事態を、すべては自分の人間としての器の小ささが招いたことだと説明。器の小さい人間が売れっ子になるとどうなるのか、ブレークを機に相方を見下してしまった自分の“スモール人間”っぷりを後悔と共に語る。

また、番組には元キマグレンのクレイ勇輝も登場。“行き過ぎたポジティブ思考で周りを巻き込み迷惑をかけないための授業”を行う。