恐ろしや 殺人の半分は「家族間」その根本原因

写真拡大

■幼子の保育を「女性」に押しつける日本

前々回、前回に引き続き、風変わりなグラフを紹介していこうと思います。

まずは、保育タイプの国際比較の二次元散布図です。

就学前の乳幼児の世話を担うべきは家族か、それとも社会か。この観点に基づいて、世界の国々をタイプ分けしてみます。

国際社会調査プログラム(ISSP)の『家族と性役割の変化に関する調査』(2012年)では、各国の国民に対し「就学前の乳幼児の世話は、最初に誰がすべきか」と尋ねています。5つの選択肢が用意されていますが、各国を分かつ主な軸は「家族か、政府機関か」です。

日本の場合、対象者の76.5%が「家族」と答え、「政府機関」という回答は11.1%しかいません。これに対し、北欧のスウェーデンでは「家族」が10.4%、「政府機関」が82.5%となっています。

まるで逆ですね。

日本は「家族(私)」型、スウェーデンは「社会(公)」型の保育と特徴付けられます。

こうした国民の意識は、現実の制度にも反映されています。スウェーデンでは、希望者の子どもを保育所に受け入れるのは自治体の法的な義務で、日本でいう待機児童はほぼ皆無だそうです。それゆえ、幼い子がいる夫婦であっても共働きがほとんど。社会のチカラによって、女性の社会進出が後押しされています。対して日本では、幼子の保育は家族(私)に押しつけられ、女性は家庭に縛られています。

これは2つの国のケースですが、他の国(合計38か国)の回答も全部まとめてグラフにしたい。こういう場合、どうするか。家族の回答比率を赤、社会を青の棒グラフにでもしますか。ケースの数が5つくらいまでならそれでもいいですが、38か国のバー(赤・青の2本×38=76本!)のグラフにすると、もうグチャグチャです。

私なら、二次元のマトリクスの上に38か国を散りばめてみます。横軸に家族、縦軸に政府機関の回答比率をとった座標上に、38の国々を配置すると図1のようになります。

■殺人事件のおよそ半分は「家族間殺人」

左上にあるのは、家族という回答が少なく、政府機関という回答が多い国。まさに「社会(公)」型の保育の国で、先ほどみたスウェーデンはその典型です。右下はその反対で、「家族(私)」型の保育の国。日本は、このタイプに含まれます。

北欧諸国は「社会型」で、家族の絆(役割)を重視するアジア諸国は「家族型」であると(他の先進国はその中間)。しかしまあ、きれいなクラスターに分かれるものですね。ちなみに図中の斜線は均等線で、この線より上にある場合、「家族<政府機関」を意味します。

今の日本の状況ですが、昔と違って小規模化や核家族化が進行し、家族のチカラは弱体化してきています。にもかかわらず、「幼子や老人の面倒は家族が見るべし」という意識は旧態依然のまま。

このギャップによって、虐待や介護殺人といった家庭内の悲劇が生じているともいえます。最近の日本では、殺人事件のおよそ半分は家族間殺人です。逆説的ですが、家族は恐ろしい。家族の構造変化を踏まえ、日本の保育や福祉も「私」型から「公」型へと移行すべき時期にきているように思います。

図1の図法は、大量ケースの2変数のデータを表現するのに便利です。例えば、うどんと蕎麦の消費支出額のマトリクスの上に、47都道府県を配置してみると、「うどん型/蕎麦型」の地域タイプが出てきます。読者の皆さんが仕事でマーケティングの重点エリアを定めるのにも役立つのではないでしょうか。

■家事時間 女性は男性の5倍(日本)、1.5倍(欧米)

最後に、二次元配置のグラフをあともう一つ。家事時間のジェンダー差の国際比較です。皆さんもご存じのように、日本では家事時間の男女差がとても大きくなっています。2014年公表の国際統計によると、成人の1日あたりの平均家事時間は、女性が299分であるのに対し、男性はたった62分です。

これは日本の数値ですが、図1と同じ二次元散布図にて、26か国の男女の平均家事時間を表現してみましょう。横軸に女性、縦軸に男性の値をとった座標上に、各国を配置してみます。

日本の男性の家事時間は、国際的にみて短くなっています。それでいて女性の家事時間は長いものですから、「女性/男性」の倍率は高い。299分/62分=4.8倍にもなります。お隣の韓国は5.1倍です。

上記のグラフでは、こうしたジェンダー倍率の水準が分かるよう、工夫されています。図の斜線は、女性が男性の何倍かという倍率のラインです。5.0倍のラインは、原点(0、0)と(80、400)の2点を結んだ直線なり。こういう線を座標上に何本か引くことで、ジェンダー倍率のゾーンを区分けでき、各国の家事時間の性差を知る目安になります。

北欧諸国は軒並み1.5倍以下で、家事時間の性差が小さいことが知られます。さすがは、男女平等の先進諸国ですね。欧米諸国は、1.5〜2.0倍というところ。それに比べ、東アジアの日本と韓国はおよそ5倍で、家事負担の性差が主要先進国の中で格段に大きいことが知られます。「男は仕事、女は家庭」という、伝統的性役割観が根強いためでしょう。最近の若い世代に限れば、また違った結果になるかと思いますが。

私は欲張りで、限られたスペースの中でいろいろな情報を表現したくなるのですが、こういうちょっとしたサービスを添えるのもいいのではないか、と思うのです。

今回を含め3回にわけて、8つの風変わりなグラフを紹介してきました。私のエゴが入った代物ばかりで、皆さんの参考になるかは分かりませんが、「こういうやり方もあるのか」と思っていただければ幸いです。

他にも紹介したいグラフはありますが、それは追々、本連載の記事において開陳していくことにいたします。今後とも、お付き合いくださいませ。

(武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文)