モス代表取締役・取締役会長国際本部管掌・櫻田厚氏

写真拡大

 モスフードサービス(東京都品川区大崎)は2月、社長交代と中期経営計画(2016〜18年度)を発表した。中計では「日本発のフードサービスグループとして世界ブランドになる」を長期経営目標とした。そして以下の3つを強調した。

・価値観(経営理念・創業の心)を共有した本部と加盟店の絆、すなわちモス型FC(フランチャイズ)システムを磨き上げ、モスブランドを盤石にする
・グローバル展開の基礎を確立する
・モスバーガーに次ぐ新ブランドの確立を目指す

 ちなみに18年度の数値目標はFCを含む国内モスバーガー事業全店売上高が1063億円、海外事業のそれが259億円、その他飲食事業のそれが53億円だ。

 さて、モスバーガーの店舗数は9月30日現在、国内直営で54店、FC加盟店で1307店となっている。モスは海外事業では8カ国・地域に333店舗を展開しているが、成功しているのは244店舗を展開する台湾の合弁事業にとどまる。このほかの国の店舗数は以下のとおりだが、規模的にはどこも小さい。

・香港:18
・インドネシア:2
・シンガポール:31
・韓国:13
・タイ:4
・中国:15
・オーストラリア:6

 モスではモスバーガーを「世界のブランド」に成長させるために既存進出国の再成長戦略に加え、アジア、オセアニア、欧州、北米など新規国への進出を検討、準備している。

 そこで今回は6月にモス代表取締役・取締役会長国際本部管掌に就いた櫻田厚氏に、社長交代の背景、15年に開催されたミラノ万博へ出店の感想、今後の海外展開などについて話を聞いた。

●18年ぶりに社長交代した理由とは何か。

――今年6月、これまでの会長兼社長兼務を辞め、社長交代に踏み切り、会長に専任することになりましたが、何か理由があったのですか。

櫻田厚氏(以下、櫻田) はい。私は今年11月で65歳になります。社長交代については60歳になる前頃から準備してきました。なぜなら、叔父で創業者の櫻田慧が1997年5月、くも膜下出血で急逝しているからです。享年60。創業者は「モス教」の教祖などと評されたカリスマ経営者で、役員やFC加盟者から崇拝されていました。創業者は自身が60歳で死ぬとは思ってもいなかったので、正式に後継者を指名していなかったのです。その結果、後継者選びで会社は大混乱しました。

 ひとまず大株主が推す人物が後継社長に就くのですが、混乱は収まりません。「モスは櫻田家でないと求心力が働かない」と、周りから推されて私が98年に社長に就きました。その時のゴタゴタがトラウマになっていて、私は創業者が急逝した60歳をメドに社長交代の準備を進めてきたのです。14年に社長と会長を兼務しましたが、今回の社長交代に向けた意思表明でした。

――後継社長に元常務取締役執行役員の中村栄輔氏を選んだ理由について、教えてください。

櫻田 一言で言えば、中村が私とは異質のタイプだったからです。中村は中央大学法学部卒業で、弁護士を志向した人物です。当社には88年、30歳の時に中途入社し、最初から本部勤務で法務部長、社長室長、店舗開発本部長、執行役員営業企画本部長、FC営業部門、モスフードサービス関西社長など、基幹部門の責任者を歴任。12年に国内モスバーガー事業営業本部長に就任してからは、国内モスバーガー事業を主導し、加盟店との連携、社内業務手法の改革、チェーン内の次世代人材の育成などに努めてきました。15年には原材料費、人件費の高騰による販売価格の改定、そしてFC本部として加盟店オーナーとの5年に1度の契約の再締結を無事行いました。

 中村に足りないのは現場の営業経験とステークホルダーとのコミュニュケーション力などですが、足りないところは私が補い、引き継げばよいと思っています。一方、中村は法律的な考え方に優れ、論理的で、表現力に恵まれています。中村は私にはない異質な能力を持っており、そこが中村を後継者に選んだ最大のポイントでした。

 というのも、当社はコンビニやライバル各社との競合が激化するなかで、過去5年で平均1〜2%程度の成長率にとどまってきました。私とは異質な能力を持つ中村だったら、これまでの流れを変えて新しいモスをつくってくれるのではないかと思います。私は中村がリーダーシップを発揮できるように、全力でバックアップします。

――今後、代表権を持つ会長として国際本部を管掌しますが、どう取り組むお考えですか。

櫻田 モスバーガーブランドを「世界のブランド」に成長させることが長期経営目標です。そのためには出店可能店舗数の多い地域に、積極的に店舗展開します。また、現在店舗展開している国・地域の状況に応じた中長期的な成長戦略を描き、確実に推進したいと思っています。そして、食材、包装資材などの安定供給、調達コストの低減を目的に海外生産拠点などの供給体制を構築する考えです。1〜2年で現状を把握し、どう手を打っていくか決めたいと思います。

●モスの原点

 ここでモスの創業と海外展開の歴史を振り返ってみよう。

 櫻田会長の叔父で創業者の櫻田慧氏は1962〜64年頃、日興証券(現SMBC日興証券)の米国ロサンゼルス支店勤務時代、週3〜4回は「トミーズ」のハンバーガーを食べていた。街外れの3流立地、店舗はたった3坪のスタンドで飲食スペースもなかったが、「手作りハンバーガーは絶品」だった。

 その後、慧氏は脱サラし起業のチャンスを窺った。71年に日本マクドナルドが1号店「銀座三越店」を開店し大ヒットさせると、慧氏はトミーズのハンバーガーの導入、展開を思い立った。創業の仲間と米国のトミーズを訪ねて販売権買収交渉をしたが、資金的な壁もあり断念。帰国後自分たちでトミーズの味を思い起こし手づくりのハンバーガーを開発した。これが日本発祥のモスバーガーの誕生につながった。

 東京・成増に1号店を開店。試行錯誤しながらモスの快進撃が始まった。モスは創業期、資金力が乏しく直営展開には限界があり、FC加盟者を募り経営理念、行動指針などを共有しながら多店舗化を推進した。

 その一方、モスは73年に「テリヤキバーガー」、87年にコメを素材とした「モスライスバーガー」を新発売し大ヒットさせた。このライスバーガーこそ瑞穂の国・日本で生まれた独自のハンバーガーだ。モスはこのライスバーガーの開発によって、日本発祥のハンバーガー店の地位を確固たるものにした。

 慧氏はモスの海外展開にも熱心だった。89年には米国・ハワイに実験店を出店、逆上陸したが時期尚早で撤退に追い込まれた。90年5月に海外事業部を設立。初代部長に甥で現会長の櫻田厚氏を就けた。そして台湾の大手電機メーカー・東元電機とAFC(エリアフランチャイズ)契約を結び、合弁企業「安心食品服務」(出資比率当時:東元電機70%、モス30%)を設立した。台湾に直営でモスバーガーを展開するのが目的だ。

 90年11月、慧氏はこの合弁事業を成功させるために、信頼する厚氏を安心食品服務の副社長に指名した。慧氏は当時37歳、事実上の創業社長として単身赴任した。慧氏は通訳をつけて現地の創業メンバー8人にモスの経営理念から、商品製造、店舗運営などを指導した。厚氏は「全員に株を保有してもらい起業家としての自覚をもってもらった」という。

 91年2月に開店した第1号店の「新生南路店」(台北市、40坪60席以上)は、ライスバーガーが人気になるなど大ヒットした。これをバネに櫻田氏は91年度に台北市でもう2店舗開店、モスバーガー展開の基礎をつくった。

●一度は中国進出するが頓挫
                       
 モスは93年にヤオハングループと商社との3社で合弁企業を立ち上げ、中国に進出した。ヤオハンは90年に総本部を香港に設立、92年に日本の流通業に先駆けて北京に百貨店を開店、95年には上海にも巨艦店を開業した。モスはヤオハンのテナントとして94年から97年にかけて17店舗出店した。巨額の投資で回収に時間がかかるとみられたが、97年にヤオハンが倒産、同年12月に中国事業から撤退した。その結果、モスも撤退を余儀なくされた。この中国事業の頓挫がモスの海外展開を大きく後退させた。

 この時期、厚氏が台湾事業を軌道に乗せていなければ、モスの海外事業は壊滅的な打撃を受けていたはずだ。櫻田氏は台湾に単身赴任してから足掛け5年半、91年から96年にかけて17店舗展開し、台湾事業大成功の道筋をつけた。櫻田氏が台湾のモスバーガー事業を成功させたのは、赴任後2年目には台湾語を覚え、通訳なしで現地スタッフと直接会話できるようになったことが大きい。

 厚氏は94年には取締役海外事業部長に就任。モスの有力な後継候補に躍り出た。台湾から帰国して取締役東日本営業部長に就いた。そして97年5月、カリスマ創業者の慧氏がくも膜下出血で急逝した後を受けて、98年12月に社長に就いた。

●海外進出を本格化

 厚氏が台湾の合弁企業・安心食品服務と連携、福建省厦門にモスバーガーを出店し中国市場に再参入するのは、10年のことだった。安心食品服務は11年には台湾市場に上場し、中国本土へ1000店舗展開を打ち出した。だが、現在まで中国15店舗、香港18店舗にとどまっている。櫻田氏は18年間社長を務め、今年6月に代表権のある会長に就き、再び海外事業を担当することになった。

 厚氏はもともと、「パリのシャンゼリゼ通りにあるルイ・ヴィトン本店の隣にモスバーガーを出店、モスの旗を立てたい」とよく語っていた。それによって「モスバーガーを世界のブランドに育てる」構えで、実際に海外事業の担当者に命じて店舗物件を探させていた。

 そして厚氏が欧州へモスバーガーを出店させる手応えを得たのは、昨年5月にイタリアで開催されたミラノ万博に出店した店舗で、ライスバーガーの人気が非常に高く、モスの出店を望む声が多く聞かれたからだ。
 
 そこで次回は、欧州へのモス進出戦略について厚氏に聞く。
(文=中村芳平/外食ジャーナリスト)