スーパーサラリーマン・左江内を演じる堤真一

写真拡大

'17年1月から放送がスタートする新ドラマが続々決定している。詐欺師役の草なぎ剛が繰り広げる復讐劇や、堤真一がスーパーサラリーマンに変身するコメディーなど、これまで決定しているラインナップを紹介!

【写真を見る】左江内の妻・円子を演じる小泉今日子

■ 「銭の戦争」から2年!草なぎ剛の復讐劇第2弾!

フジ系では、草なぎ剛のオリジナル作品「嘘の戦争」('17年1月スタート、毎週火曜夜9:00-9:54)の放送が決定。'15年に同局で放送されたドラマ「銭の戦争」のオールスタッフが再結集し、草なぎは復讐に燃える詐欺師を演じる。

■ 堤真一がヒーローに変身!

日本テレビ系では、堤真一が主演を務める「スーパーサラリーマン左江内氏」('17年1月スタート、毎週土曜夜9:00-9:54)を放送。原作は藤子・F・不二雄が連載した“大人のヒーロー物語”。パッとしない中年サラリーマンの左江内(堤)が、ひょうんなことから手にした“スーパースーツ”に身を包み、渋々、世界の平和を守るために奮闘する。

左江内の妻・円子を演じるのは小泉今日子。2人の子供が何より大事で、夫の仕事には全く理解を示さないという役どころ。脚本・演出は福田雄一が担当する。

■ 波瑠と斉藤由貴が泥沼バトル!

NHK総合では、「お母さん、娘をやめていいですか?」('17年1月13日スタート、毎週金曜夜10:00-10:48)を放送。波瑠を主演に、泥沼の三角関係に陥った母と娘の姿を描く。娘の美月(波瑠)と母の顕子(斉藤由貴)は、美月が母のことを全面的に信頼する仲のいい親子だった。しかし、美月が松島(柳楽優弥)という男と親しくなったことを機に、関係は一変する。

■ 吉高由里子が悩めるアラサー女子に!

日本テレビ系では、吉高由里子が主演を務める「東京タラレバ娘」('17年1月スタート、毎週水曜夜10:00-11:00)を放送。東村アキコの同名漫画の連続ドラマ化。30歳で独身、売れない脚本家の鎌田倫子(吉高)が、幸せを求めて恋や仕事に奮闘する姿を描く。

■ 柴咲コウが戦国の女城主を演じる

NHK総合ほかでは、柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」('17年1/8スタート、毎週日曜夜8:00-8:45ほか)を放送。江戸幕府の大老・井伊直弼らの先祖であり、戦国時代に女性の実で城主を務めた井伊直虎(柴咲)の生涯を描く。

■ 瀬戸朝香主演のクライムサスペンスドラマ

NHK BSプレミアムでは、瀬戸朝香主演のプレミアムドラマ「女の中にいる他人」('17年1/8スタート、毎週日曜夜10:00-10:50)の放送が決定。'66年に公開された同名映画を現代版にアレンジしたクライムサスペンスドラマ。平凡な主婦だった百合子(瀬戸)は、夫の和男(尾美としのり)が浮気相手を殺してしまったことを知り、家族を守るため、犯罪を隠そうと試みる。

■ 中井貴一主演のシリーズ第3弾!

NHK BSプレミアムでは、池波正太郎の同名小説を原作に、中井貴一が盗賊の首領・雲霧仁左衛門を演じるBS時代劇「雲霧仁左衛門3」('17年1/6スタート、毎週金曜夜8:00-8:43)を放送する。前シリーズで消息を絶った仁左衛門の復活と、宿敵・火付盗賊改方長官・安倍式部(國村隼人)と新たな敵との三つ巴の戦いを描く。

■ 仲間由紀恵主演で描く“模倣犯事件”の9年後

WOWOWプライムでは、仲間由紀恵主演、宮部みゆき原作の日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 楽園」('17年1月スタート、毎週日曜夜10:00-終了時間未定)を放送。宮部の代表作「模倣犯」の9年後の物語で、事件のトラウマを抱えた女性ライター・前畑滋子(仲間)が、新たな難事件に立ち向かう。

■ 比嘉愛未がスピーチライターに挑戦!

WOWOWプライムでは、原田マハの小説実写化した土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」('17年1/14スタート、毎週土曜夜10:00-終了時間未定)を放送する。ごく普通のOL・二ノ宮こと葉(比嘉愛未)は、ある結婚式で伝説のスピーチライター・久遠久美(長谷川京子)の祝辞に心揺さぶられ、弟子として働くことになる。

※週刊ザテレビジョン2016年10月26日発売号の「1月新ドラマ+とくばん速報」でさらに詳しく紹介