両翼下に「タウルス」を搭載したドイツ空軍のユーロファイター戦闘機(参考写真)

写真拡大

韓国国防省は25日、国会の国防委員会全体会議に「2017年度予算案および基金運用計画」を提出。北朝鮮の核・ミサイルに対応するための戦力確保を前倒しするため、7124億ウォン(654億円)を来年度(1〜12月)予算に上乗せする必要があると報告した。

来年度の当初予算案は今年度より4%多い40兆3347億ウォンだったが、北朝鮮の核の脅威の高まりを受け、同省と与党セヌリ党は今月18日の会議で、対抗戦力の整備を2020年代半ばから20年代初めに前倒しすることで合意していた。

また、朴槿恵大統領は24日の施政方針演説で、北朝鮮が「核実験の段階」から「核兵器の段階」に入ろうとしているとし、北朝鮮の核兵器の実戦配備が遠くないことを示唆。対抗戦力を早期に確保する方針を示した。

韓国の対抗戦力は、北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知し制圧する「キルチェーン」と、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」の「3軸体系」として構築される。

韓国軍はこれに沿って、来年まで約170発を確保する計画だった長距離空対地誘導ミサイル「タウルス」を約90発、追加で導入。弾道弾早期警報レーダーも当初計画から1基増やして計2基を導入する。