タグ・ホイヤーの時計を着ける大久保嘉人選手、北澤豪、李忠成選手(左から)

写真拡大

「Jリーグ トップパートナー契約締結 記者発表会」が25日に都内で行われ、特別ゲストとして川崎フロンターレ・大久保嘉人選手、浦和レッズ・李忠成選手、元Jリーガー・北澤豪らが出席した。

【写真を見る】大久保嘉人選手がミニゲームに挑戦し、華麗な足技を!?

腕時計ブランドのタグ・ホイヤーは、Jリーグとトップパートナー契約を締結。同リーグで初のオフィシャルタイムキーパーとなった。

大久保、李らはタグ・ホイヤーの腕時計を着けて登場。司会者から「皆さん時計がお似合いで」と言われると、李は「スーツスタイルでも、サッカー観戦でも着けられる。僕の(時計)は爽やかなブルーで、ちょっと若さを出しちゃいました(笑)」と、照れながら話した。

また、時計ブランドとのパートナー契約ということで、トークセッションではそれぞれの“時間”に関する話題へ。

大久保は「僕はもう34歳になって『サッカーがあと何年できるか』という状況なので、1日1日を大切にして、忘れられないことをたくさん作っていきたい」と、プロサッカー選手として残された時間を全うすることを力強く宣言した。

トークセッション後はミニゲームで盛り上がるなど、普段の試合中には見られない選手の表情が印象的だった。

なお、大久保が所属する川崎フロンターレは、10月29日(土)に鹿島アントラ―ズと対戦。その模様は昼2時からNHK BS1にて生中継される。