25日放送の「キテレツ人生!なんでこうなった!?消えた芸能人一斉捜査SP」(フジテレビ系)で、おかもとまりが、「芸人」としてデビューしたことへの後悔を語った。

番組では、表舞台で姿を見なくなったタレントや文化人を直撃し、現在の様子をVTRで伝えていた。

おかもとは、2009年にブログで公開した写真が広末涼子にそっくりだと話題になり、テレビ出演の数が激増。オリコンアイドルイメージ部門において、芸人では初となる首位を獲得し、テレビ出演は年間400本以上と、大活躍していた。しかし、ブレイクからわずか4年でほとんど仕事がなくなり、表舞台から姿を消してしまった。

そこで番組は、芸能生活が短命に終わった理由を、本人に直撃。おかもとは番組からの「なぜ仕事が激減したのか?」という質問に対し「やっぱり一番は実力のなさだったり、器用でもないし才能もなかった」と語る。

おかもとは元々、リポーターやタレントを志望していたそうで、芸人としてデビューしたことを後悔しているそうだ。「モノマネ=芸人のお仕事なので、テロップで自然に芸人って付いちゃったり」「ハードルも上がるし、そんなにつまらないし」「結構つらい部分が多かった」と明かした。

さらに当時について「すごい苦しいこともあった」と振り返る。「バラエティ出てうまくできないとか」「テレビも見れなくなっちゃった」「他に活躍してるタレントさんがいると、こんなに上手くできてるのに自分は全然できない」と話した。

おかもとが苦悩しているうちに、芸能界には福田彩乃などのモノマネ芸人が登場する。実力でライバルに抜かれてしまうこととなった。おかもとは次にモノマネメイクを考案し、先がけとして活動し始めるが、こちらも、後から登場したざわちんが注目を浴びてしまい「負けましたね」と漏らす。

その後おかもとは、芸能界に残るため、温泉ソムリエやナチュラルフードコーディネーターなど、様々な資格をとっていた。ところがこれも「前は地上波の温泉番組だったのが、徐々にCSになったり」「温泉ソムリエも、そろそろ使えないないなっていうのはわかりました」と、失敗におわったことを打ち明けた。

なお現在のおかもとは、音楽プロデューサーのnaoと結婚し、子どもふたりを含めた家族4人で暮らしている。

【関連記事】
設楽統 乃木坂46・橋本奈々未の芸能界引退を称賛「カッコイイ」
国民的人気子役だった間下このみが難病と闘っている現在を告白
元ワンギャルの小野砂織が芸能界引退後に遭った巨額の詐欺被害を告白