10月23日(日)

日曜日もじっとしていても汗ばむほどの、快晴。木曜日から一度も雨が降らず、最高のレースウィークとなりました!

1

2016F1第18戦アメリカGPは、ルイス・ハミルトン選手(メルセデス)が第12戦F1ドイツGP以来となる6戦ぶりの優勝! 2位には現在ドライバーズランキング1位のニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)、3位はダニエル・リカルド選手(レッドブル)が続きます。

マクラーレン・ホンダの二人は、素晴らしい走りでフェルナンド・アロンソ選手5位、ジェンソン・バトン選手9位のW入賞! やったー!! 前戦、日本GPでの雪辱を晴らしてくれました。

アメリカGPのチケットはCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)公式サイトで購入でき、指定席、自由席があり、3日通し券もしくは1日券(金曜日、土曜日、日曜日)と選択できます。チケットは厚紙タイプなので、チケットフォルダーをお忘れなく。

私はレース前にホームストレートで全車がグリッドに並び準備している様子を近くで見たく、グランドスタンドの1列目を購入しました(座席位置はチケット購入時に選択できます)。

決勝前のセレモニーでは、Dallas Cowboy Cheerleadersのパフォーマンス、University of Texas Marching Bandの演奏、302nd Aviation Squadronによる航空ショーがあったりと、やることがアメリカーン!!

そうそう、隣に座っていた家族に、人差し指と小指を立てて中指と薬指をたたみ、そこへ親指を添えるジェスチャー「コルナ」を教えてもらいました。コルナはテキサスの象徴である雄牛の角のシンボルとし、スポーツ観戦で「Hook ‘em Horns(角で掛けろ)」といった使われ方があるんだそうです。

みんな、この「コルナ」で前を通るマーチングバンドのメンバーやドライバーにエールを送るのです。

 

アメリカGPはスタンドとコースの距離が近く、目の前に準備中のドライバーがいてドキドキしちゃいました(><)。何より、近くで見るF1マシンは惚れ惚れするほど美しい! スタート直前のエンジン音は何回聞いても鳥肌が立ちます。

レース中、マックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)がマシントラブル、キミ・ライコネン選手(フェラーリ)がピット作業ミスでリタイアをし、チームガレージに戻ってくるとスタンド席から大きな拍手がおくられました。アメリカGPに来ているのファンの方は、本当にノリが良くて優しいんです!

決勝後、コースに入る事ができたので表彰式が行われるポディウムの近くまで行ってきました。さっきまでここで世界最高峰のレースマシンが競い合ってたと思うと、ジーン! 感動モノ。みんな「フォー!」と言いながら大はしゃぎで、私も思わず叫びながら走ってしまいました(笑)。

最後に・・・。サーキットで見つけた面白いもの、アメリカならではのもの、個性的なF1ファンの方達をどどーんと紹介します!

テキサスバーガーが売っていたお店にいた、テキサスのゆるキャラ!? 雄牛は分かるのですが、にょろにょろ動いていた緑色の物は、サボテンでしょうか?

リカルド選手の足元に注目してください。なんと、左右の靴を合わせるとアメリカ国旗になるのです! 足元までオシャレ!! どこで買ったのでしょう。私も欲しいなー。

 

食事は、日本の倍ぐらいあるのでは?と思うほど大きなアメリカンサイズ。二人で半分ずつ食べて丁度良いくらいです。面白かったのは、ケチャップや中に入れるトマトなど、セルフサービスなこと。お店から少し離れた場所にあるので、最初はどうしたら良いのか分からず戸惑いましたが、慣れてくると自分なりのトッピングができて楽しかったです。

オースティンは「音楽の街」と言われるだけあって、サーキット内には至るとことで生演奏が行われていました。見ている人も自然と踊り出してしまうような、ノリノリなサウンドはめちゃくちゃかっこいい!

髪の毛を「F1」の文字に剃った女性ファンの方、顔にイギリスとドイツ国旗のペイントをしている方もいました。イギリスとドイツなら、メルセデスファン?  イギリス国旗のほうが大きいということは、ハミルトン選手推しでしょうか。

COTAオフィシャルショップで、テンガロンハットを発見しました。しかも、F1仕様になっていてかっこいい! これはアメリカGPならではのお土産ですよね。サーキット内にも被っているファンの方をたくさん見かけましたよ。

大きなウォーターサーバーがあり、ペットボトル水を足したり頭に水をかけたりと、使い方は様々。私も試しに飲んでみましたが、ぬるい・・・。でもないよりは、マシかも!?

上空には飛行機と、垂れ幕!? よーく見ると、ハンバーガー屋さんの宣伝でした。空で宣伝して、果たして意味があるのかは置いといて、アメリカはやることが大胆でおもしろい!

初観戦で、右も左も分からなかったアメリカGP。現地のスタッフの方やファンの方に助けられ、最高の思い出ができました。「F1が好き!」という気持ちは、世界共通ですね。現地の方とのF1トークができたことも、嬉しかったです。また絶対に行きたい、大好きなグランプリになりました!

(yuri)

【関連記事】

【ドキドキ!F1女子アメリカGP2016】マクラーレンホンダのブラックボックスから出てきたものは? http://clicccar.com/2016/10/21/410264/

ドキドキ!F1女子アメリカGP2016】他にはない、ここならではのタワーが絶対オススメ! http://clicccar.com/2016/10/22/410546/

【ドキドキ!F1女子アメリカGP2016】超豪華! 大興奮のサイン会とあの有名人のコンサートで大満足!! http://clicccar.com/2016/10/23/410765/

【ドキドキ!F1女子アメリカGP2016】鈴鹿のリベンジ! マクラーレン・ホンダ5位と9位に入賞も嬉しいテキサスでの応援方法とは?(http://clicccar.com/2016/10/25/411160/)