う、美しい……!! - 佐々木希

写真拡大

 女優の佐々木希が25日、六本木ヒルズで行われた第29回東京国際映画祭のオープニングイベントに黒いシースルーのセクシーなドレスで来場し、会場を驚かせた。

 特別招待作品『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』(11月3日公開)で主演を務めた佐々木は、映画で共演した韓国の人気男性グループ SUPER JUNIOR のイェソン、メガホンを取った朝原雄三監督と共にレッドカーペットに登場。大きく露出した肩もさることながら、シースルー素材のスカートから透けて見える美脚がセクシーなデザインで、多くの女優陣が登場する中でも異彩を放っていた。

 同作は、恋人に捨てられ、沖縄出張中に会社が倒産してしまったヨンウン(イェソン)と、韓国語習得が必須の旅行会社に勤務するシングルマザーさくら(佐々木)が出会い、思いも寄らぬ方向に突き進んでいく姿を軽快なテンポで描く。(編集部・中山雄一朗)