24日、中国外交部の陸慷報道官は、2012年3月に起きたソマリアの海賊による漁船乗組員の人質事件について、「なぜ解決に4年半もかかったのか」と問われ、「人質の安全確保を最優先したことが、救出作業をより複雑かつ困難なものにした」と述べた。

写真拡大

2016年10月24日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、2012年3月に起きたソマリアの海賊による漁船乗組員の人質事件について、「なぜ解決に4年半もかかったのか」と問われ、「人質の安全確保を最優先したことが、救出作業をより複雑かつ困難なものにした」と述べた。新華社が伝えた。

12年3月に起きたソマリアの海賊によるオマーン船籍の漁船「ナハム3(Naham 3)」乗組員の人質事件で、約4年半拘束されていた中国人を含む26人が22日、解放された。

陸報道官は「人質の救出は簡単なことではない。だがどんなに難しく、どんなに忍耐が必要であろうと、中国政府には同胞を家まで迎えたいという最大の決心があった」と説明。「『人間本位、人民のための外交』が中国政府の一貫したモットーだ。われわれはシージャックされた漁船乗組員の安全を常に最優先課題に位置づけてきた」とした上で、解放交渉に携わっていた関係者に謝意を示した。(翻訳・編集/柳川)