豪華女優陣が美の競演!

写真拡大

 第29回東京国際映画祭が10月25日、東京・六本木ヒルズで開幕。3度のアカデミー賞受賞を誇る女優メリル・ストリープのほか、フェスティバルミューズの黒木華ら日本人女優陣、華やかな衣装に身を包んだ各国のゲストが会場を彩った。

 フェスティバルミューズの黒木は、レッドカーペットのトップバッターとして金糸の刺繍があでやかな赤い振袖で登場、会場からの大きな歓声に笑顔で応えていた。特別招待作品「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」のストリープはシースルー地に鶴や浮世絵風の波など、日本的なモチーフがあしらわれた上品な膝下丈のドレス。沿道に投げキッスを振りまき、大女優の貫禄を見せていた。

 コンペティション部門出品作「アズミ・ハルコは行方不明」の蒼井優は、落ち着いたピンク系のクラシックなハイネックのロングドレス、高畑充希は赤を基調としたペイズリー柄のドレスで個性的な可愛らしさを演出。「ゲキ×シネ「乱鶯」」稲森いずみは、品格を感じさせる白い着物姿で、大人の美しさを表現していた。

 「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」の佐々木希は、スカートのレースから素肌がのぞくセクシーな黒いベルベットのドレス。「うつくしいひと」の橋本愛も、個性的なデザインの黒いロングドレスでレッドカーペットに臨み、ファンの声援に応えていた。

 「種まく旅人 夢のつぎ木」の高梨臨は、抜群のスタイルだからこそ着こなせる、へそ出しのセクシーなモノトーン。「マイ・ベスト・フレンド」の主題歌を担当した平原綾香はスパンコールが輝くブルーのドレスでファンサービスを行った。アジア各国の女優陣は、大胆なデザインのドレスや伝統的な民族衣装で観客の目を楽しませていた。

 第29回東京国際映画祭は、10月25日〜11月3日に東京・六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGIほかで開催。コンペティション、特別招待作品など国内外の出演者による舞台挨拶やティーチインイベントが連日行われる。