入場者とじゃんけんを楽しむ呂家弘(右)

写真拡大

(台北 25日 中央社)台北市内で開催されている国際切手展「PHILATAIPEI 2016」に25日、昨年の世界ジュニアバドミントン選手権男子シングルスで台湾人初の金メダルに輝いた呂家弘(19)が登場し、自身が考案した郵便配達の要素を盛り込んだじゃんけん大会で会場を盛り上げた。

両親が職員だったことから、郵便局には特別な思い入れがあるという呂。同展ではPR大使を任されている。この日行われたゲームは「あっち向いてホイ」に似たルールで、指と顔の代わりに、昨夏の台風で傾き人気を集めた「萌えポスト」、「郵便配達」、「犬に追われる」の3つの動作を使う。じゃんけんで勝った方と同じものを出した場合、負けとなる。

呂とのじゃんけん大会には、課外授業で会場を訪れていた小学生らのみならず大人も参加。長蛇の列ができる盛況ぶりとなった。

開幕5日目とる25日は、「エコデー」とされており、地球にやさしいライフスタイルを訴える音楽イベントのほかに、会場に展示されている流木アートの作者による座談会なども行われた。

(王淑芬/編集:杉野浩司)