24日、韓国メディアによると、韓国の南景弼京畿道知事が慰安婦問題に対する日本の最高指導者の謝罪を求めた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は東京大学の赤門。

写真拡大

2016年10月24日、韓国・アジア経済によると、韓国の南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道知事が慰安婦問題に対する日本の最高指導者の謝罪を求めた。

同知事は同日、東京大学で特別講演を行い、「日本の政治システムを尊重するが、日本の政治家の歴史認識と姿勢には大きな問題がある」と述べた。また、「東アジアの繁栄のためには日本の政治リーダーが日韓間の協力を妨げている歴史問題の解決に向けて努力することが必要」とし、「慰安婦問題は金や法律の問題ではなく、最高指導者が被害者の痛みに共感し、温かい気持ちで謝罪することから始めなければならない」と強調した。さらに日本とドイツを比較し、「ドイツは過ちを謝罪し世界のリーダー国になった。日本もそのような道に進んでほしい」と述べ、間接的に日本に反省を促した。

同知事は日韓の協力の必要性にも言及。「米国との同盟を通して安保を維持する日韓はより緊密な協力が必要」とし、「正しい歴史認識を基に信頼を強め、東アジアの国々との共同体関係を築き上げれば、『東アジア共同体』を通してすべてに打ち勝つことができる」と主張した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「心にもないことを…」
「聴衆はいたのか?数人しか集まらなかっただろうね」
「台本を読むのではなく、本心を話してほしい」
「安倍首相が謝罪するわけないし、謝罪する必要もない。パク大統領が全て解決させたのだから」

「どうせ『日韓政府の慰安婦合意は間違っている』とは言えないんでしょ?」
「韓国も慰安婦被害者を冷遇しているのに、日本だけに温かい気持ちを求めるのはおかしい」
「いまさら言っても遅い。日韓政府が慰安婦問題を協議している時、南知事は何をしていたの?」(翻訳・編集/堂本)