さんまは医師が勧める健康食材

写真拡大

【L4YOU!】(テレビ東京)2016年10月17日放送
「医師&管理栄養士が商店街健康食材探し」

食欲の秋であり、どんどん寒くなってきて風邪などの病気も気になるこの季節、食生活から健康を意識したいところだ。

スーパーや商店街など身近な場所で手に入る食材の中にも、栄養の宝庫といえるものが多くある。番組では、三笑亭夢之助が、イシハラクリニックの石原新菜副院長、金町脳神経内科・耳鼻咽喉科の内野勝行院長、管理栄養士の浅野まみこ氏とともに、東京・江東区の砂町銀座商店街で健康食材を探し歩いた。

「トマト甘酒」で1日の栄養はバッチリ

まずドクター3人が目を付けたのが「ふかしいも」だ。

石原氏「風邪の時はビタミンCを摂(と)るのが大切だが、ビタミンCは熱に弱い。サツマイモに含まれるビタミンCはデンプンで包まれているので、加熱しても壊れない」
浅野氏「皮はポリフェノールが多く、肌ケアに必要なパントテン酸、腸内環境を整える食物繊維も含まれている。特に女性は食べたほうがよい」

寒い時期に商店やコンビニで肉まんを見かけると買いたくなるが、豚肉も是非摂りたい食材だ。肉の中でもビタミンB1が豊富で、糖質の代謝をスムーズにし、疲労回復効果も高い。さらに認知症予防にも効果があると言われている。

内野氏「詰まっている脳みそをキープするためにはしっかり摂るように」

日本人の食卓に欠かせない味噌(みそ)は、原料の大豆の成分が更年期障害の症状緩和、骨粗しょう症の予防につながる。

味噌の専門店の入り口にあった甘酒に注目したのは浅野氏だ。

浅野氏「麹の甘酒は『食べる点滴』と言われている。ビタミンB群やミネラルが豊富で、朝に1杯飲むだけでも栄養が摂れる」

そのまま飲んでも十分健康的だが、浅野氏はトマトジュースで割る「トマト甘酒」を勧める。リコピンの抗酸化作用がプラスされ、さらに栄養バランスが整う。

栗の渋皮には抗酸化作用成分あり

道端で炭火の匂いにつられ、ついつい買ってしまう人も多そうな焼き鳥にも健康効果が期待できるようだ。

内野氏「鶏は筋肉が多いのでエネルギー源によい。カロリーが低いので、肉を敬遠しがちな高齢者にオススメ」

浅野氏のイチオシは「ねぎま」。ネギに含まれる辛味成分のアリシンが、鶏肉のビタミンB1の吸収を助ける。

惣菜店で目を付けたのは「栗の渋皮煮」。自宅で調理する際はむいてしまいがちな渋皮だが、抗酸化能力がビタミンEの50倍にもなるプロアントシアニジンという栄養素が含まれ、エイジングケア、育毛効果が期待できる。栗の実にはむくみを改善するカリウム、整腸作用があるペクチンが含まれている。

おでん店では、内野氏が「がんもどき」を勧めた。

内野氏「ゴマのセサミン、大豆のタンパク質が動脈硬化を予防する。他の食材のエキスが出た煮汁もしっかりしみていて、実は栄養バランスがよい」

ジャンクフードのイメージがあるギョーザだが、浅野氏いわく「完全食」だ。

浅野氏「皮は炭水化物で、中の豚肉はタンパク質とビタミンB1が含まれ疲労回復効果がある。ニラやニンニクのアリシンはビタミンB1の吸収を助ける。ギョーザを食べるだけで栄養バランスが整う」

ドクター3人が選ぶ「健康食材ベスト3」

スタジオでは、ドクター3人が「秋に摂りたい健康食材ベスト3」を発表した。

内野氏は、1位さんま、2位大根、3位ピーナッツというラインアップだ。

ピーナッツにはビタミンE、リノール酸、オレイン酸などが含まれ、コレステロールを作りにくくし、動脈硬化を防ぐ。

大根には発がん物質を抑えるジアスターゼ、肝臓の働きを助けるビタミンCが含まれる。

さんまはEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富で、脳神経が壊れるのを防ぎ、認知症予防につながる。子どもの落ち着きのなさや集中力の低下の改善も期待でき、さらに精神をポジティブにする効果もある。

ビタミンEは血行改善や抗酸化作用、動脈硬化を予防し、はらわたに多いビタミンAは眼精疲労予防、免疫を強化する。

浅野氏は、1位味噌、2位さんま、3位えのきたけ。

えのきたけはビタミンB群と食物繊維が豊富で、代謝をスムーズにし、腸内環境を整える。

味噌に含まれるレシチンとメラノイジンという栄養素は生活習慣病予防と腸内環境改善につながる。

石原氏は、1位ショウガ、2位アズキ、3位ネギを挙げた。

ネギにはアリシンやベータカロテンが含まれ、血圧を下げ、免疫力をアップさせる。

アズキのアントシアニンは動脈硬化予防、血圧を下げる働きがある。食物繊維が腸内環境を整え、美肌効果もある。

ショウガにはジンゲロールという栄養素が含まれ、指先などの末端を温めるが、熱を加えるとショウガオールという成分に変わる。体の芯を温め、より保温効果が高くなる。