25日、環球網によると、フィリピン大統領の訪日をめぐり、米ニュースサイトのクオーツが「日本冷遇を意図したスケジューリング」との記事を掲載した。

写真拡大

2016年10月25日、環球網によると、フィリピン大統領の訪日をめぐり、米ニュースサイトのクオーツが「日本冷遇を意図したスケジューリング」との記事を掲載した。

フィリピンのドゥテルテ大統領は18日から4日間の日程で中国を訪れた。日本には25日から27日まで滞在する予定だが、最初の計画では日本訪問が先になるはずだった。マニラにあるデ・ラ・サル大学の専門家によると、「東南アジア諸国連合(ASEAN)以外で最初の外遊先に選ばれたことを日本人は喜んでいた」。中国の人件費上昇に直面した日本企業は「チャイナプラス1」戦略としてフィリピンを投資目的地としており、フィリピンにとって日本は最大の輸出相手なのだ。

ただ、フィリピン側の計画変更を受け、日本人の喜びは一転、「巨大な失望」となった。前述の専門家は「ドゥテルテ氏は米国を訪れる前に中国を訪問した。そして日本より中国を優先。戦略的プライオリティが示された」と指摘する。7月中旬に南シナ海問題をめぐる仲裁判決が出されたが、同氏はこの勝利を利用して中国に立ち向かうようなことはせず、先週は「判決は4つの角がある1枚の紙にすぎない」と発言。米国との決別宣言も飛び出し、中国にとって「パーフェクトな政治家」と言える態度を示した。

近年、南シナ海をめぐる争いは熱を帯びている。日本がペルシャ湾一帯からエネルギーを輸入する上で、最も安上がりな輸送方式は海上ルートの利用だ。自然エネルギーに乏しい日本は南シナ海が「中国の湖」になることを望んではいない。つまり、日本にはドゥテルテ氏を味方につけたい十分な理由があるということだ。同氏も日本から資金を獲得することを希望している。しかし、日本が何を提供しようともフィリピンと中国の結び付きは強くなるだろう。(翻訳・編集/野谷)