画像

写真拡大

 アクセンチュアは、NTTコミュニケーションズとの協業を発表。同協業においてアクセンチュアは、NTTコミュニケーションズの人工知能サービス「Communication Engine “COTOHA(TM)”」の国内展開を推進する。

 アクセンチュアは、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が2016年10月31日に提供を開始する、人工知能サービス「Communication Engine “COTOHA(TM)”」(以下、COTOHA)の国内展開において、NTT Comと協業したことを発表した。

 同協業においてアクセンチュアは、海外において先行する豊富な人工知能ソリューションの導入実績をふまえ、特に企業のコンタクトセンターや店頭における問い合わせ対応業務などの領域において、国内のお客様に向けたCOTOHAの提案活動を強化する。さらに、導入から運用に至るまで一貫したサービスを提供していく。

 COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して、人間の意図を理解し、最適な解を提示することを可能とするバーチャル エージェント。NTTメディアインテリジェンス研究所による最新の日本語処理技術と、IPsoft社が持つ世界先端の人工知能プラットフォームであるアメリアが組み合わされている。同サービスを用いることで、多種多様な業務の自動化や、意思決定の支援が可能になる。

MarkeZine編集部[著]