東京大学の大学院生が女子大学生の体を触った罪などに問われた裁判で、東京地方裁判所は懲役1年10カ月、執行猶予3年の判決を言い渡した。NHKニュースが報じた。

 裁判官は「ゲームに負けた罰として半ば強制的に酒を飲ませた集団による計画的犯行」とした。

強制わいせつ事件の東大院生 執行猶予付き有罪判決(NHKニュース)