リアル過ぎて帝国軍に制圧されたようにも見える

写真拡大

普段の弁当が“銀河系”にグレードアップ。

【写真を見る】細部までつくり込まれたダース・ベイダーのつまようじ

ホビーメーカー株式会社壽屋から、人気SF映画「スター・ウォーズ」デザインのフードピック(つまようじ)2種、「フードピックセット ライトセーバー/フードピックセット 帝国軍」(ライトセーバー税別780円/帝国軍税別980円)が登場。

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に合わせ、12月に発売される。

「フードピックセット ライトセーバー」は、「スター・ウォーズ」の人気キャラクターであるダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカー、ヨーダの持つライトセーバー型で、全長約78mm。それぞれクリアレッド、クリアブルー、クリアグリーンの3色で、合計9本がセットになっている。

「フードピックセット 帝国軍」は、全長約85mmながらも精巧なフィギュア型。ダース・ベイダーが1本、ストームトルーパーの素立ちスタイルが3本、ストームトルーパー銃構えスタイルが2本の合計6本入り。

どれも細部にまでこだわって制作されただけに、圧巻のデザインとなっている。また、実用面でも、おにぎりやサンドイッチなどお箸を持って行かないときでも、おかず用のフォークの代わりとしても活用可能。洗って繰り返し使うことができ、弁当の仕上げや、アクセントにもおすすめとなっている。

おでかけの楽しみが増えるアイテムだが、あまりにリアルなため、弁当のフタを開けたらダース・ベイダー率いる帝国軍が攻めてきたと、ビックリしないように。【ウォーカープラス編集部/コタニ】