22日、米華字ニュースサイト多維新聞によると、マレーシアのナジブ首相は今月末、中国を訪問し、シンガポールとマレーシアを結ぶ高速鉄道計画について協議する。写真は北京・上海高速鉄道。

写真拡大

2016年10月22日、米華字ニュースサイト多維新聞によると、マレーシアのナジブ首相は今月末、中国を訪問し、シンガポールとマレーシアを結ぶ高速鉄道計画について協議する。北京と上海間の高速鉄道に乗車し、実際に乗り心地を試す見通しだ。

マレーシアメディアによると、ナジブ首相の訪中は7日間の予定。習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談するほか、シンガポール・マレーシア高速鉄道計画について、中国の高速鉄道事業関係者と話し合うとみられる。さらに、中国初の高速鉄道路線、北京と上海間に乗車する予定だ。

シンガポールとマレーシアは13年1月、両国間を結ぶ高速鉄道の敷設を発表。現在鉄道で5時間かかっている両国間約350キロを、1日以内で往復できる「1日生活圏」にすることを目指して計画を進めている。(翻訳・編集/大宮)