元カルフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー (c)Imagecollect.

写真拡大

69歳の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーが、アメリカの大統領選に立候補したかったと明かした。

オーストリアで生まれてアクション俳優としてハリウッドで大ブレイクしたアーノルド。2003年から2011年までカリフォルニア州の知事を務めたことでも知られている。

現在アメリカでは現地時間11月8日の大統領選挙に向けて、民主党ヒラリー・クリントン氏と共和党ドナルド・トランプ氏が最後の追い込みを見せており、アーノルドは「Adweek」誌のインタビューで、「もし、僕がアメリカで生まれていたら、立候補しただろうね」「なぜ今かって? 競争するには今がとても良い時期だったからだよ」と答えた。また、アーノルドは「政治は大好きではないけれど、ポリシーは大好きだよ」とコメントしている。

今月初めにトランプ氏が過去に女性を侮辱する発言が流出したことを受け、アーノルドは「1983年に(アメリカ)国民になって以来初めて、共和党の大統領候補に投票しません」とツイッターで宣言していた。【ハリウッドニュース編集部】