写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤクルト本社と国内70のヤクルト販売会社はこのほど、40歳以上のヤクルトレディ1万1,741名を対象に、「検診費用の一部助成」「乳がん検診車などによる集団検診」といった乳がん検診の受診を支援する活動を実施する。期間は2017年3月17日まで。

ヤクルトレディは、全国103のヤクルト販売会社で3万6,536名が活動しており、そのうち、40歳以上のヤクルトレディは、1万9,914名(2016年3月末現在)。

この活動により、ヤクルトレディに対して個別検診と集団検診の受診機会を創出し、ヤクルトレディとして、また働く女性として、社会で長く安心して活躍できる環境づくりをめざすとのこと。また、ヤクルトレディによるインターネットを活用した情報拡散により、地域における「乳がん検診」の受診促進を図る。

また11月〜2017年3月、乳がん検診を受診したヤクルトレディや利用者など一般の人が、検診受診の大切さをインターネット上で情報共有できる乳がん検診受診を促進するキャンペーンサイトを開設予定。