写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ぷらっとホームは10月24日、IoTへの対応を強化した新型IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1」(以下、VX1)と、エッジコンピューティングを推進するミドルウェア群およびOSを内蔵した新しいファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」(以下、FW 2.0)を発表し、注文受付を開始した。VX1にはFW 2.0が標準搭載され、10月31日より製品の出荷開始を予定しており、価格はオープン。

VX1は、IoTゲートウェイ製品として、従来モデル(OpenBlocks IoT BX/EX)の機器接続インタフェースや小型サイズを踏襲しつつ、CPU性能を高性能化し、中央集約型だったIoTシステムの分散処理化を可能としたほか、多様なデバイスの接続や高速な処理応答を実現したIoTアプリケーション環境を求めているユーザーに最適なIoTゲートウェイだという。

同製品により、大量・広域・多地点展開を前提とするIoTシステムの構築が可能となり、都市、住宅、交通、建設、病院や在宅におけるヘルスケア、小売店・フランチャイズ店舗などリテール分野におけるIoT、工場やプラント施設、農業・林業、気象、防犯等におけるIoTの本格導入を可能としている

また、VX1はIoTシステムを実現するために最適化した新しいファームウェアFW 2.0を搭載。FW 2.0は、Linux Kernel 4.xおよびDebian GNU/Linux 8を含み、システムの長期運用を実現する同社の長期サポート(有償)も提供される。

さらに、独立したグラフィカルな管理用ユーザインタフェース「WEB UI」、さまざまなIoTデバイスとVX1の通信をハンドリングするソフトウェア「PD Handler」、さまざまなIoTクラウドとVX1の通信を行うソフトウェア「PD Emitter」が標準で含まれている。そのほか、VX1上で視覚的にプログラミング可能な「Node-RED」を搭載し、プロトタイピングから本番導入までエッジコンピューティングの実現を支援するとしている。

同社では、VX1をIoTシステムの本格的普及を推進する製品として、パートナー各社との協業を進めている。クラウドサービス各社や大手通信事業者、各種販売パートナー、センサ・デバイスパートナーとの協業活動を進め、IoTの普及・拡大による新しい顧客価値の創造を行う方針だ。製品導入については出荷初年度で1000社の達成を目指す。

(岩井 健太)