日本は世界有数の長寿国だ。多くの外国人は日本の高齢者について「見るからに元気で、退職後も仕事を続けている」ことに驚くようだ。中国メディアの網易は20日、「定年後も働き続ける日本人はまるで退職を恐れているようだ」として、その理由を分析した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本は世界有数の長寿国だ。多くの外国人は日本の高齢者について「見るからに元気で、退職後も仕事を続けている」ことに驚くようだ。中国メディアの網易は20日、「定年後も働き続ける日本人はまるで退職を恐れているようだ」として、その理由を分析した。

 記事はまず、日本の30代後半から60代前半を対象にした調査を紹介、理想とする退職の年齢について、「65歳」とした回答者は31.4%で、「70歳」と答えた人が約20.9%、そして「できるだけ働き続けたい」と回答した人が25.7%に達したと紹介した。

 同調査からは、半数以上の日本人が60歳を過ぎても働き続けたいと考えていることが分かるが、日本人が働き続けたいと考える要因として、1つは「年金が当てにならない」こと、そして2つ目は日本人独特の「仕事の神聖視と、帰属意識」にあるとした。日本人は仕事を「哲学」また「人生の最重要事項」と認識しているため、「動けるうちは働くのが当然」と考えていると説明した。そのためか気持ちも若く、公共交通機関では席を譲ってもらうと、日本人は「年寄り」に見られたことを悲しむと指摘した。これは席を譲ってもらって当然と考える人が多い中国の高齢者とは大きく異なる点だ。

 さらに3つ目の要因には「家に居場所がない」ことを挙げ、日本の社会問題を指摘した。仕事人間として家庭を顧みず、がむしゃらに働いた人の場合、退職しても家に居場所がなく、妻が離婚を望めば退職金の半分を取られて「ゴミを掃くように」捨てられることも少なくないとした。また、寂しさから万引きするケースや、単身高齢者の孤独死も増えているとし、こうした要因を背景に、日本人は「動けるうちは働き続けたいと考えている」のだと論じた。

 中国では、男性は60歳、女性は50歳で退職となり、退職して老後をゆっくり暮らすことを心待ちにしている人は多い。そのため、中国人からすれば、日本人の退職に対する考えの違いは驚き以外の何ものでもないようだ。しかし、日本で働き続ける高齢者は大抵生き生きしており、同じ高齢化社会であっても日本のほうがまだ活力が感じられる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)