ベンチメンバーとともに戦況を見守った神谷(左から3番目)は、タジキスタン戦後にチームから離脱。準決勝に進出したチームへ感謝を口にし、エールを送った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[U-19アジア選手権・準々決勝 日本 4-0 タジキスタン/バーレーン]
 
 グループリーグ第2節のイラン戦で左膝を負傷し、準々決勝後にチームを離れるMF神谷優太(湘南)が、チームへの感謝の意を伝えた。

【PHOTO U-19アジア選手権】小川のゴールから4-0と圧勝し5大会ぶりの出場権獲得
 
 試合序盤から主導権を掴んだ日本は、8分に小川航基(磐田)が先制点を奪うと、その後に堂安律(G大阪)の鮮やかな一撃で加点。後半に2点を加えて、5大会ぶりのU-20ワールドカップ出場権を掴んだ。
 
 この試合をベンチから見守っていた神谷は、「立ち上がりからもういけるなって自分の中では思いました」と感想を述べ、「2、3点目を取るなかで、やっと世界だと思いましたし、嬉しかったですね」と、安堵の表情を浮かべた。
 
 神谷の戦線離脱後、カタールとのグループリーグ最終節、そして、タジキスタンとの準々決勝と、チームは充実した内容で勝利を掴み、07年大会以来閉ざされていた世界大会への扉を開いた。当然、ピッチに立てなかった悔しさもあるが、「感謝はいつもしていますし、しないといけない」と、逞しく戦い続けたチームメイトたちへの想いを口にする。
 
 25日に帰国の途に就くが、「自分たちのキャリアにおいても、アジアの1位を取ればデカいと思うので、それを自信にできるように必ず1位を取ってほしい」とエールを送った。
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)