世界初、「ムーブアイ極」と独自のアルゴリズムで大人と子どもの温冷感を判断(写真は、左が「FZシリーズ」シルキープラチナ、右が「Zシリーズ」ウェーブホワイト)

写真拡大

三菱電機は、世界で初めて、温冷感が異なる大人と子どもを見極めて快適性をアップ、また低損失パワー半導体モジュール「フルSiC DIPIPM」の搭載で省エネ性を向上したルームエアコン「霧ヶ峰 FZシリーズ」(6機種)と「霧ヶ峰 Zシリーズ」(12機種)を、2016年10月下旬から順次発売する。

従来の赤外線センサー「ムーブアイ極」は、人の手先・足先などの細部までの温度変化を測り、人の温度の感じ方(温冷感)にあわせて運転を行うことで快適性を向上する。今回、新たに開発した独自のアルゴリズムで解析力を向上したマイコンを搭載。エアコンからの距離や身長、姿勢などに基づいて、身長約75〜130センチメートルの子どもの温冷感を見極める。

FZシリーズは、「パーソナルツインフロー」の搭載で、風量を制御して異なる温度空間をつくる。同じ室温で温冷感の異なる大人と子どもがいた場合に、それぞれにあった風を送ることで同時に快適になる高効率のプロペラファンを左右に2つ配置して左右別々に風を出す。

たとえば、暖房時に左右に大人と子どもがいると判断すると、寒いと感じている大人と暑いと感じている子どもの足元温度に最大約5度の差をつけて、個人の温冷感にあわせて0〜5度の温度差で細かく制御し、同時に快適にする。

Zシリーズでは、たとえば暖房時に温冷感が異なる人が同じ部屋にいた場合、大人と子どもがいると判断すると「匠フラップ」で風向をコントロールして自動的に、寒いと感じている大人に向けて風を届ける「風あて」運転で温め、快適と感じている子どもは「風よけ」運転で包み込むような風を送ることで同時に快適にする。

色は、FZシリーズがシルキープラチナ。Zシリーズは、ウェーブホワイトとウェーブブラウンの2色。

いずれも、オープン価格。