『沈黙-サイレンス-』 Photo Credit Kerry Brown

写真拡大

マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙-サイレンス-』から新たな場面写真が公開された。

2017年1月21日から公開される同作は、遠藤周作の『沈黙』をもとにした作品。キリスト教への激しい弾圧が行なわれている江戸時代初期の日本を舞台に、弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために日本を訪れた宣教師の姿を描く。

今回公開されたのは、窪塚洋介演じるキチジロー、浅野忠信演じる通辞の姿を捉えた場面写真となる。キチジローはアンドリュー・ガーフィールド演じる宣教師ロドリゴ、アダム・ドライバー演じるガルペが日本を目指す途中のマカオで出会い、その後ロドリゴにまとわりつくようになる人物。場面写真では、長く伸びた髪に髭を生やした姿が写し出されている。スコセッシは窪塚について「力強く演じているだけではなく、心から正直に演じていて、役を心底理解していた。目の前でキチジローが作り上げられていくのを目の当たりにした」と賛辞を贈っている。

浅野が演じる通辞は、長崎奉行に捕らえられたロドリゴに棄教を迫る通訳として登場し、浅野は劇中で英語を披露。場面写真では長崎の奉行屋敷で鎮座する姿が捉えられている。「監督とのオーディションで言葉を超えた感覚を共有できた」と語る浅野についてスコセッシは「彼はキチジロー役のオーディションを受けたが、過去の出演作品を観て、通辞役が良いのではないかとオファーした。結果はパーフェクトだった」と明かしている。