自伝を出版するリリー・コリンズ twitterより

写真拡大

27歳の女優リリー・コリンズが、自伝「Unfiltered::No Shame, No Regrets, Just Me」を発売すると発表した。

ミュージシャンのフィル・コリンズを父に持つリリーは幼い頃から芸能活動をスタート。映画『しあわせの隠れ場所』(09)や『白雪姫と鏡の女王』(12)に出演し、LANCOME[ランコム]の広告塔を務めている。過去には俳優のテイラー・ロートナーやザック・エフロンと噂になったほか、俳優のジェイミー・キャンベル・バウアーと交際していた。

この本には恋愛やボディーイメージ、家族や自信を見つけることなどが書かれているとのこと。リリーはゴシップ誌「ピープル」に「自分の日記が発売されるような感じなの」とコメントした。

さらに元恋人は特定できないように気をつけたそうで、「攻撃することではないの。人生で与えられた状況を教訓にできるってことを見せているの」と説明。また、若い女性を手助けするために1年半前に自伝を書くことを決めたとのこと。ソーシャルメディアを通してファンがそれぞれ自分たちのストーリーをシェアしてくれたため、自分もファンに伝えたいと思ったそうだ。リリーは「これは若い女性と会話をする私の方法なの。『ねぇ、みんな一緒よ』って」と明かしている。

リリーの「Unfiltered::No Shame, No Regrets, Just Me」は来年3月7日に発売される予定だ。【馬場 かんな】