窪塚洋介演じる日本人ガイドキチジロー
 - Photo Credit Kerry Brown

写真拡大

 マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作さんの原作をハリウッド&日本人のキャストを迎えて映画化した『沈黙 -サイレンス-』の公開日が2017年1月21日に決定し、窪塚洋介と浅野忠信演じるキャラクター写真がお披露目となった。

 窪塚演じるのは、棄教したとされる師の真実を確かめるために日本を目指す若き司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)が旅の中継地であるマカオで出会った男で、2人を長崎に導くガイドとなるキチジロー。原作では「襤褸をまとったこの男」と表現されており、山中のカットでは長く伸びたボサボサの髪にヒゲを蓄えており、一瞬本人とわからない変身ぶりだ。

 一方、浅野は長崎奉行にとらえられたロドリゴに狡猾な言葉を繰り出して棄教を迫る通訳として、流暢な英語を披露する。長崎の奉行屋敷での通辞をとらえたカットでは、背筋を伸ばして鎮座する凛としたたたずまいが印象的だ。当初、浅野はキチジロー役のオーディションを受けていたが、スコセッシ監督の判断により相反するキャラクターを演じることになったという。

 スコセッシ監督は窪塚を「力強く演じているだけではなく、心から正直に演じていて、役を心底理解していた。目の前でキチジローが作り上げられていくのを目の当たりにした」、浅野を「(浅野の)過去の出演作品を観て、通辞役が良いのではないかとオファーした。結果はパーフェクトだった」と2人の演技を称賛。本作には窪塚、浅野のほかイッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら日本人俳優が大挙出演する。(編集部・石井百合子)

映画『沈黙 -サイレンス-』は2017年1月21日より全国公開