写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクニカネットワークスは10月25日、米Gigamon製のVMware NSX環境でのトラフィックを可視化するvTAP(仮想TAP)ソリューション「GigaVUE-VM on VMware NSX」の提供を開始した。

同社では、トラフィックの可視化を実現するソリューションとして、仮想化環境の仮想マシン間のトラフィックをミラーリングするvTAP(仮想TAP)ソリューション「GigaVUE-VM」を提供してきた。

最近では、サーバ仮想化より大規模なデータセンター全体の仮想化を目指し、NSX環境への移行を検討する顧客も増えてきているという。そのため、データセンター全体の仮想化においても、サーバ仮想化と同様にセキュリティの課題や品質保証とトラブルシュートの課題が運用上の課題になっている。

今回提供するGigaVUE-VM on VMware NSXは、VMware NSX環境上での動作、NSX Managerと連携した動作に対応。従来のGigaVUE-VMでも、仮想化されたサーバ内部のトラフィックをミラーリングし、監視デバイスによる物理環境の監視が可能だったが、この度のNSX対応により、NSX Managerと連携した、より大規模な仮想化環境のトラフィックの可視化が可能になる。これにより、データセンター全体の仮想化を検討する顧客が、直面する運用上の課題の迅速かつ容易な解決を実現できるという。

「GigaVUE-VM」は、VMware NSXをサポートしていたが、昨年にOpenStack/KVMへの対応が完了しており、今後はAWSを始めとしたパブリッククラウドへの対応も予定している。

(山本明日美)