写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューはこのほど、同社のフラッグシップモデル「7シリーズ」の特別限定車「ローズ・クオーツ」を西日本地域限定で1台のみ発売すると発表した。21日から西日本のBMW正規ディーラーで購入希望予約の受付を開始し、希望者多数の場合は抽選を行う。

「ローズ・クオーツ」は、「7シリーズ」のラインアップから最高出力450PSを発揮する4.4リットルV型8気筒ターボエンジンを搭載した「750Li」をベースに特別な内外装とした特別限定車。エクステリアは色彩の変化が特徴的なBMWインディビジュアル・ボディカラープログラムから専用ボディカラーを採用し、大径20インチアルミホイールと合わせて存在感あるスタイリングとしている。

インテリアはBMWインディビジュアル・メリノレザー・インテリアプログラムから、傷のない最高品質の牛革のみを使用し、手作業で仕上げたメリノレザーを採用。ぜいたくな雰囲気をさらに強調するアルカンタラルーフライニングや、レッド・ハイライトが施されたBMWインディビジュアル・アッシュ・グレイン・ブラック・インテリア・トリムといった特別装備も組み合わせた。

「ローズ・クオーツ」の価格は2,019万円(税込)で、1台のみの限定販売。同モデルは11月2日にリッツカールトン大阪で開催される特別イベント「THE NEXT Driving Luxury.」で展示される予定となっている。

(山津正明)