北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、昨年8月に起きた「地雷爆発事件」をテーマにした演劇「DMZ1584」が韓国で上演されたことに対して「歴史的な8月合意を全面否定する故意的かつ乱暴な背信行為として、もう一つの反民族的・反統一的暴挙」と、非難した。

同通信は、演劇に対して「徹頭徹尾わが共和国に対する極度の敵対感を南の社会に吹き込んでまたもや対決狂風を起こすためのもので一貫されている」と指摘。

さらに「『8月事件』は、朴槿恵一味がわが人民軍をどうにかしてみようとしてひそかに埋めておいた地雷に自分らの軍人が被害を受けた、まさに人捕る亀が人に捕られた事件である」としながら、潔白を主張した。

そのうえで「朴槿恵逆徒がそのような反共和国謀略劇に引き続き執着するほど結果は死をさらに早めるだけである」と、朴政権を非難しながら、「真の文化芸能人なら人民に恥ずかしく見捨てられて生ける屍になって久しい朴槿恵の同族対決狂乱に絶対に追従せず、挑発的な『DMZ1584』の公演を直ちに取りやめるべきであろう」と、韓国の文化芸能人に対しても警告を発した。