オードラ・マクドナルド

写真拡大

人気医療ドラマ『プライベート・プラクティス』のナオミ役で知られる46歳のオードラ・マクドナルドが、妊娠したとのニュースは以前にもお伝えした通り。そんな彼女が、無事に元気な女児を出産したことが明らかとなった。米E!Onlineが報じている。

オードラは、2007年にブロードウェイミュージカル『110 in the Shade』の共演がきっかけでウィル・スウェンソンと出会い、2010年に交際をスタート。その後、2年の交際を実らせて2012年10月に結婚式を挙げ、めでたく夫婦となっている。

今月20日(水)、オードラはTwitterに赤ちゃんの足を写した画像を投稿し、「ウィルと私は、昨晩23時16分に生まれたサリー・ジェイムズ・マクドナルド=スウェンソンを迎えて、私たちの胸は喜びではち切れんばかりです」とコメントを添え、赤ちゃんの誕生を報告。オードラにとっては、以前の結婚でもうけた15歳の娘ゾーイちゃんに続く第二子となり、ウィルには元妻の間に二人の息子がいるため、彼にとっては第三子となる。

サリーちゃんの妊娠は計画的なものではなく、完全にサプライズだったようだが、オードラは、ウィルとの間に初めて生まれて来る赤ちゃんの誕生を心待ちにしていたようだ。

オードラ、第二子の誕生おめでとう!(海外ドラマNAVI)