10年ぶりのW杯出場権 岡崎がU19代表を祝福「世界で暴れて欲しい」

写真拡大

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、2017 FIFA U−20ワールドカップ 韓国の出場権を獲得したU−19日本代表を祝福し、エールを贈った。同選手は24日にツイッターを更新している。

 U−19日本代表は24日、AFC U−19選手権・準々決勝のU−19タジキスタン戦で4−0と快勝。U−20W杯のアジア予選を兼ねた同大会でベスト4に入り、世界への切符を掴んだ。日本のU−20W杯出場権獲得は2007年大会以来、5大会ぶりとなる。

 岡崎は「おめでとうございます。10年は長いけど、苦い経験してきた分学んだ事もたくさんあるはずです」と、10年ぶりにU−20W杯出場を決めた選手たちを祝福。以下のように続けた。

「その結果、また世界へ挑戦出来る。是非世界で暴れて欲しい。若い世代の頑張りはホンマに刺激になります」

https://twitter.com/okazakiofficial/status/790623035136933888

 若い世代へエールを贈るとともに、刺激を受けていた岡崎。いつか、A代表の舞台でともにプレーする姿を見ることができるかもしれない。

 なおU−19日本代表は27日の準決勝で、U−19ベトナム代表と対戦する。