日本と中国の建設工事、建設現場には大きな違いがある。中国の建設作業は今も人海戦術で行われる場合が多いうえ、日本と比べるとその建材は貧弱で、鉄筋は細いうえに打設しているコンクリート枠も不揃いで、枠を外せば目視できるほどガタガタである場合も多い。(イメージ写真提供:(C)flybird163/123RF.COM)

写真拡大

 日本と中国の建設工事、建設現場には大きな違いがある。中国の建設作業は今も人海戦術で行われる場合が多いうえ、日本と比べるとその建材は貧弱で、鉄筋は細いうえに打設しているコンクリート枠も不揃いで、枠を外せば目視できるほどガタガタである場合も多い。

 また、壁をレンガで積み上げて、その表面をモルタルで仕上げるといった耐震性に劣る建物も今なお数多く存在するのが中国だ。そのため、中国の建設関係者からすれば、日本の建設現場は先進的で、驚きが満ちているようだ。

 中国メディアの北京時間はこのほど、日本と中国の建設現場の違いについて紹介する記事を掲載し、日本の建設現場を視察した中国人が「日中の違いに震え上がった」と伝えている。

 記事は「日本の建設工事は効率を求める」とし、日本のユニット工法に注目。生産ラインである程度作り上げられた建材を現場で組み上げるといったものだ。記事は、それを「積み木のような」工法と表現し、建設現場にいる職人の数は多くないと伝えているが、日本の工事現場では熟練した職人が「少数精鋭」体制で作業を行っていると紹介した。

 さらに、日本の工事現場は「安全」や「周辺環境」に配慮がなされていると伝え、作業員や検査員の安全確保のために歩くルートも決められており、建材や作業員の落下防止のための措置がしっかりと取られていることを称賛した。さらに、日本の現場では建材だけでなく、掃除道具の「ほうき」ですら整理整頓され、置く位置が決められていることを指摘。日本の建設現場の管理レベルの高さを伝えている。

 確かに中国では安全ヘルメットを被っている作業員は少なく、夏の暑い時期には上半身裸で作業している人もいる。日本からすれば、「自由すぎる」現場は多いため、日本の現場における管理水準や安全意識のレベルの高さを知ったら驚くのも当然だろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)flybird163/123RF.COM)