写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)とミラクル・リナックスは10月24日、ルネサス エレクトロニクスが開発した組み込みHMI(Human Machine Interface)向けLinuxプラットフォームソリューション 「RZ/G Linux プラットフォーム」におけるクラウド上での開発ツール(RZ/G向けクラウド開発環境)の開発を支援し、運用の支援を開始したことを発表した。

これまで多くの組込機器ではリアルタイムOS(RTOS)が用いられてきたが、ネットワーク機能やマルチメディア処理などのソフトウェアが多く揃っているLinuxを選択する機器メーカーが増加している。しかし、RTOSでの組み込みノウハウはあるものの、Linuxでのノウハウが乏しいため、開発の障壁となり、コストもRTOSよりも高くなるという課題があった。こうした課題に対して、ルネサスはRZ/G Linux プラットフォームを開発。動作検証済みのソフトウェアをクラウド環境から提供するプラットフォームを構築したが、これはMicrosoft Azureを活用して、Linux標準パッケージと開発支援ツール(ビルド、検証、解析)を1ストップで提供するもので、Linux環境の導入を容易にし、顧客のLinux開発環境構築工数を削減するものとなるという。

各ツールはルネサス統合開発環境「e2 studio」上でRTOS開発と同様の感覚で操作でき、Linuxに不慣れなカスタマでも簡単に開発に適応できるとするほか、カスタマのLinux BSPカスタマイズによる検証やHMI機器におけるシステム検証とデバッグ(問題解析)の開発工数を削減することができるという。

なお、このRZ/G向けクラウド開発環境の提供において、SBTとミラクル・リナックスは以下の技術支援をしたという。

ミラクル・リナックス
・Linux OSベンダとしての豊富な実績やルネサス向けLinux BSP開発で培ったYoctoの知見を活用したビルド環境の開発
・解析ツールと連携するFAQデータベースの検索エンジンを開発

SBT
・Microsoft Azureのトッププレイヤーとして、ミラクル・リナックスが開発した開発支援ツールのクラウド化をMicrosoft Azure上で実現
・これまでのMicrosoft Azureの導入支援や運用管理の豊富な実績を活かし、本クラウド開発環境の運用保守を提供