補強禁止処分解除狙うレアル・マドリー、ディバラに100億超えオファー準備か

写真拡大

▽レアル・マドリーは、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(22)の獲得を検討しているのかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。

▽レアル・マドリーは、18歳未満の選手獲得・登録規定に対する違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)からアトレティコ・マドリーとともに2017年冬と同年夏の2度にわたる補強禁止処分が科されている。

▽しかし、レアル・マドリーはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴中。報道によれば、処分解除に備えて交渉の準備を進めているようで、ディバラ獲得のために移籍金1億1000万ユーロ(約124億7000万円)のオファーを考慮しているという。

▽昨夏にパレルモからユベントス入りしたディバラは、加入初年度から主力としてセリエA5連覇に貢献。今シーズンもここまでリーグ戦8試合3ゴール2アシストの活躍を披露している。