俳優として様々な作品に出演し、キャリアを重ねている永山絢斗さん。

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』では、主人公・丑嶋馨(山田孝之さん)の中学時代の同級生・竹本優希を演じました。


(c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

強面の丑嶋を「カオルちゃん」と屈託なく呼びながら、自身は貧困ビジネスの沼にずぶずぶとはまっていくという役どころ。

最終章となった作品出演への思いを中心に、あますところなくお話していただきました。

Q:映画はいよいよ『ザ・ファイナル』ですが、オファーを受けていかがでしたか?

永山絢斗(以下、永山):『ザ・ファイナル』に呼んでもらえたのは、すごい嬉しかったです。

聞くところによると、ほかのシリーズと少しつくり方が違うみたいで。あまり深く、変に勘ぐりすぎずにやれたかなという感じはしました。

Q:竹本役はフラットな状態で臨めたという感じだったんでしょうか?

永山:原作はあまり読まないほうがいいと思っていたんです。というのも、あまりとらわれすぎちゃうと、変な声の出し方になってしまうかもしれないと思って、まっさらな状態で竹本をやりたいなという気持ちでした。

これまでのシリーズを観ていて、やっぱりこの丑嶋というキャラクターがなかなか強烈で、その胸の内をほどけるのかっていう心配もどこかであったのですが、この役の筋の通り方が自分にとってすごく支えになったんです。

割と自分にもドキッとさせられるようなことを言ったりやったりしているので、やりながらすごく難しい反面、響くところがあった。自分にも何か光が差すような役でした。


(c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

Q:永山さんというか、竹本が出てきた瞬間に、空気が変わるような感じを受けたんですけれども、それこそが丑嶋の胸の内をほどくことの一端だったんですかね。

永山:山口監督の力が大きいと思っています。ただ…竹本自身も、そんなに真っ当に、きれいな生き方をしてきた人間ではないと思うんです。

根っからきれいな心を持っている人であってほしいというのもあるんですけど、やっぱりすごいダークな部分も見てきているだろうし、どこかで人間の精神的な限界の区別とかもはっきりわかるような人間なんではないかと。

こうした漫画主体の作品をやるとなると、セリフ以外のところを、どこか自分で埋めていかくてはならない。

それがすごく大事になってくると思いながら、そういうところに面白さを感じたりもしていました。


(c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

Q:竹本は根っからの善人であってほしいというようなお気持ちで演じられていたと思うんですけど、永山さんが思う善人とはどういう人だと考えますか?

永山:難しいですね。こういう時代になってきてからの善人というのは、うーん。どうなんだろう…。

善人と悪人の境もなくなってきているような気もします。やっぱりインターネットが出てきてから、確実に人間は変わってきたんじゃないかと思います。

Q:インターネットは匿名ですし、これまで表に出ていないものを出すようになりましたもんね。

永山:結局、善悪(の意識)は人それぞれ持っていて、その戦いだとも思います。人間なんて、欲を言い出したら切りがないですし。

でも、誰だって人に対しての思いやりや、優しい気持ちを持っていたりとかはするんだと思います。どの時代でも生きていればそうであるはずだと思っています。


(c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

Q:ところで、かなり大変な撮影現場だったんですよね?

永山:実際、誠愛の家(※丑嶋の宿敵・鰐戸三兄弟が貧困ビジネスを営んでいる場所)の撮影のときは結構過酷でした。

携帯も電波が入らないし、山奥だし、本当にこの(誠愛の家の)生活を強いられているような感じ。もの凄く寒かったですし(笑)。

時間もかなり遅くまでやっていて大変だったんですけど、こうした作品ならではの撮影の仕方みたいなことも学べました。(取材・文:赤山恭子)

前半のインタビューはここまで!

後半では、主演・山田さんの印象や、出演作品を重ねることへの気持ち、そしてNosh読者へのメッセージをもらいましたので、お楽しみに♡

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は現在大ヒットロードショー中です!

【関連記事】

※ ボイメンにリレーインタビュー!第1回目ゲスト「壁を乗り越えた男・土田拓海」

※ イケメンを封印し体当たりで挑んだ役の手ごたえとは?間宮祥太朗にインタビュー!

※ 間宮祥太朗、プライベートでの壁ドンは未経験「女子にされたい派!」

※ 吉澤ひとみ、ヨーグルトスムージーで美と健康をキープ♡

※ 公私ともに仲良しエピソード満載、TAKAHIRO&登坂広臣に直撃インタビュー!