(左から)ベルサイユ、ノートルダム、カサミラ

写真拡大

スイスが本拠でアーミーナイフで知られ、さまざまな生活用品やアパレルなどを手がけるビクトリノックスの日本法人、ビクトリノックス・ジャパン(東京都港区)は、日本限定ビジネスバッグ「アーキテクチャー4.0 モダン」シリーズの2016年秋冬モデル3タイプを10月下旬に数量限定で発売する。

「ベルサイユ」「ノートルダム」「カサミラ」

すべてのモデルの、ハンドルなどの外装にレザーをバランス良く使用することで、上質感のあるルックスに仕上げた。また、ビジネスシーンでのスマートな使い心地にこだわり、機能性とデザイン性が両立している。

「ベルサイユ」3万3000円〜4万2000円()税別、以下同)は、シンプルなデザインが特長で仕分け整理用の内ポケットを内蔵。軽量でありつつ、収納力などの機能性も兼ね備えた定番モデルだ。

「ノートルダム」3万6000円〜4万5000円は、鞄のマチ幅をスナップボタンで調整できるのが特長。スリムなトートバッグにも24リットルの大容量トートバッグにもなり、機能的なビジネストートモデルになっている。

「カサミラ」3万8000円〜4万8000円は、3Wayのブリーフケースモデル。ダブルコンパートメント仕様のうえ、15インチPCまで収納可能な緩衝材入りポケットを内蔵した。バッグパックスタイルは肩への負担を減らし、長時間の持ち歩きに役立つという。

全国のビクトリノックス・ショップ、ビクトリノックス取扱い百貨店などで販売。