AI研究の第一人者が予測する「組織と働き方」の未来

写真拡大

人工知能(AI)の普及により、人間の仕事がAIに代替される未来が近い。社会は、ビジネスや組織は、どのような変化を遂げるのか?

企業によるAIの活用には、AIそのものを用いた商品やサービス提供と、バックオフィス等での利用が考えられるが、いずれの分野でも日本は諸外国に比して導入が遅れていると、AI研究の第一人者、東京大学の松尾豊特任准教授は言う。

「今、企業はリスクを恐れずAI技術を取り込み、収益につなげる必要があります」

松尾は、AIを「大人のAI」と「子供のAI」の2つに大別する。

「大人のAI」は、すでに存在しているビッグデータから、一定のパターンを発見するもので、判断の基準を人間があらかじめ設定する必要がある。

一方「子供のAI」は、背景知識のほとんどない状態から、AI自身が試行錯誤を繰り返して性能を向上させる。日本はこれまでITビジネス全般で諸外国に大敗を喫してきた。さらに、先行する「大人のAI」活用でも大きな後れを取っている。だが現在急成長している「子供のAI」分野は発展途上で、「日本企業にもまだまだチャンスがある」という。

認識機能を持つ「子供のAI」とロボットを組み合わせることで、これまでにない新ビジネスの創出が期待される。自動運転もその一つだが、今後注目すべきは農業や建築、調理、掃除などの自動化だ。掃除ロボット「ルンバ」は部屋に掃除機をかけることはできても、散らばったものを認識して片づけることはできない。

しかし、人間の認識能力に匹敵する画像認識機能を搭載したAIがロボットを動かすことで、片づけや調理のような複雑な作業も自動化できる。

「朝出かけて、夜帰宅するまでの間に、散らかった部屋が片付けられている。片づけは家庭だけではなく、オフィスや商業施設にも膨大な需要がある」

もともと日本のロボット技術は高い水準にある。これにAIを融合させれば、日本も新市場でイニシアティブをとることができるはずだ。

バックオフィス活用の課題はデータ蓄積

今後AIは、これまで人力や直感に頼っていた企業のバックオフィス業務の自動化でも活用が見込まれる。だが問題は、こういった分野にデータを蓄積し、分析する土壌がないという点だ。

例えば企業の採用においては、志望者を面接官が面接し、筆記試験の結果を加味した点数で採用を決定する。しかし、採用された人材が数年後どれくらい活躍しているのかをデータ化し、採用結果の検証をしている企業は稀だ。

「採用も今は直感頼りです。でも、人の能力と仕事の適性の組み合わせは無限にある。データを正しく活用すれば、もっと理論的に人の能力を引き出すアプローチが可能になるはず」(松尾)

職業適性や、人間の能力の伸長というテーマは、もっと深堀りする余地がある。AIはそれを後押しするが、実用化するには、評価項目の設定や、長期間に及ぶデータの蓄積、検証が課題だ。

スキル減衰の速度がアップしている

企業のAI活用が進む中で、働く人の環境も大きく変化する。オックスフォード大学准教授のマイケル・オズボーンは、日本の労働人口の49%がAIやロボットによって代替可能であると言及する。自分の仕事がなくなるのではないか、と不安に思う人も多い。松尾は言う。

「職業がなくなるというより、タスクがなくなるということ。自動改札の登場で、切符を切るというタスクがなくなり、駅員の仕事も、乗客の案内や車両の安全な運行にシフトしている」

技術の進展のスピードアップにより、一度身につけたスキルが減衰するスピードも速くなった。人生の最初の20年に学習した知識で、残りの40年間働くという、これまでのキャリアパスの常識は覆されようとしている。言い換えれば、必要な局面で学びなおすことさえ覚悟すれば、闇雲に不安になる必要もないということだ。自分への投資と回収のサイクルを、より短い期間で行えるようになればいい。

AIにより消える仕事があれば、生まれる仕事もある。AI開発に関わる業務はもちろん、AIを活用して経営判断を総合的に行う仕事も誕生するだろう。こういった業務は「理系大卒程度の数学の素養があれば対応できる」と松尾は言う。AI人材が枯渇しているという声も聞こえているが、意外と敷居は低い。

「本来AIに関わるような仕事をやれば力になるはずの能力ある若い人が、企業で下働きをさせられているのが問題。ITの世界では、20代が最強とされている。海外と戦うのもこの世代しかない」

松尾の研究室でも、優秀な学生ほど自分で起業するようになりつつある。必要なのは発想の転換だ。AIの進化は、人々の働き方や、組織に対する考え方をドラスティックに変革する。

松尾 豊◎1997年東京大学工学部卒業、2002年同大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。独立行政法人産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学CSLI客員研究員などを経て、07年に東京大学大学院工学系研究科准教授に就任。