22日、韓国メディアによると、日本を抜き世界トップの技術力を備えた韓国の造船業界で、日本語由来の用語が頻繁に使われている。韓国造船業のプライドを守るには、こうした語を整理し「言語の純化」を進める必要があると指摘する声もあるという。資料写真。

写真拡大

2016年10月22日、韓国・イーデイリーによると、日本を抜き世界トップの技術力を備えた韓国の造船業界で、日本語由来の用語が頻繁に使われている。韓国造船業のプライドを守るには、こうした語を整理し「言語の純化」を進める必要があると指摘する声もあるという。

韓国の造船業界、特に現場に日本語由来の語が多く残るのは、韓国が1970年代初め、日本から建造工法や管理方式などを学んだことによる。例えば「満タン」や「いっぱい」の語は、発音も意味もほぼそのまま、どの現場でも聞こえる日本語になっている。また、面積を表す「平米(へいべい)」、体積を表す「立米(りゅうべい)」も、それぞれ「ヘベ」「ルベ」の発音で使われているそうだ。

記事は、「こうした傾向は、造船業だけではなく建設業や製造業など産業界全般のほか法曹界、学界などわれわれの社会全般に広がっている」とした上で、「誤って使われている日本式用語」を20余り挙げている。リストを見ると、「壁」「勾配」「枠」「傷」など日本語そのままの意味を保った語のほか、「足場」「段取り」「かっぱ(防水の覆いなどを指す)」「収まり」「ならし」「じゃばら」「見当」「切れっぱし」など、製造現場から伝わったことがよく分かる語も多い。

造船業の関係者の一人は「いまだに現場のあちこちで日本語を使っていることは、いまだわれわれが世界最高になれていないことを意味する」とし、「言葉や文字から韓国のものに変えなければ、最高のプライドを回復することはできない」と述べた。

これについて韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「韓国の造船が世界一っていつの話?」
「記者が使う言葉の中にも日本語が相当あるだろうに。まずメディアが改めてから言ってよ」
「労働の現場では主に日本語が使われ、営業の現場では主に英語が使われる」

「『わが国の造船業が日本を抜いて世界トップの技術力を備えた』…ここから笑えました」
「まず上の人間が直さない限り改善されないと思うよ」
「日本から技術を習ったんだから当然だろう。日本が先生だったんだから」

「韓国語はすでに外来語の“ちゃんぽん”状態。もうどうしようもない」
「何語を使うかなんて、競争力の維持とは何の関係もない。何でもいきなり韓国語を使いましょう運動には本当に参る」
「おかしな話だよ。日本をあんなに嫌っておきながら、実生活では何も考えず日本語を使ってるとはね」(翻訳・編集/吉金)