SNS上のプライバシー公開、適切なのはどこまで? 過剰な情報提供は害にも

写真拡大

心理療法士である筆者には頻繁に、「離婚を同僚に伝えるべき?」「うつ病と診断されたら上司に話すべき?」といった質問が寄せられる。数十年前には、こうした個人的なことは通常、誰にも言わないものだった。

だが、その当時と現在の世界は違う。幸いなことに私たちは、自分たちの人生を区切って考えることはできないことに気が付いた。つまり、家庭の問題は仕事に影響するし、子どものころの経験は、大人になったあなたにも影響を及ぼしていることを、私たちは互いに認めるようになったということだ。

だが、一方ではリアリティー番組やソーシャルメディアの登場のおかげで、公私の区別が曖昧になってきている。個人の問題を他者と共有することが、以前よりずっと広く社会に浸透しているのだ。

さらに、自己啓発に関する多くの書籍やインターネット上への投稿、各分野で活躍する人たちの講演を定期的に行う非営利団体のTEDなどでは数年前から、「私たちは真の自分であるべきだ」といった論調が多くみられるようになっている。

私たちが正直であることや信頼に足る人であることをより重視するようになったことには、元気づけられる。だが、自分自身のことを人に伝えるべきかどうかという点については、いくらか混乱が生じているようだ。フェイスブックで自分が抱えている問題を公表すれば、私たちは「本当の自分」でいることになるのだろうか?

「本当の自分」でいることの意味

本当の自分であるということは、自分のままでいる勇気を持ち、自らの価値観に従って生きる正直さを持つということだ。そうした「真正の」人であるためには、あなたの言動は、自らの信念に従ったものでなくてはならない。

真正であるということに関するいくつかの側面は、世の中が変化してくる途中のどこかで、ねじ曲げられてしまったようだ。一部の人たちは、「正直である」そして「個人的な話がある」ということを、私たちの最も奥深くに暗い部分にある秘密を世界中に向けてさらけ出すことだと考えるようになってしまった。

しかし、ソーシャルメディアを私的な日記のように使い、SNS上での知人をセラピストのように思うことは、場合によっては深刻な結果を伴うものだ。

不適切な相手に個人情報を提供しすぎたことで、自分自身を物理的な危険にさらす可能性がある。また、あなたの最善の利益を願っているわけではない人たちに個人的な問題を詳しく伝えることで、その人たちに利用されてしまう可能性もある。

違いは情報提供の「意図」

提供する情報が過剰なのかどうか、違いを生むのは次のような行動だ(無意識に行われていることもある)

・ 同情を得るための見当違いの行動

自分の過ちから学んでもらおうとして個人的な情報を公開するなら、あなたは「真正の人」だといえる。だが、気の毒に思ってほしいということが動機なら、情報を共有しすぎということになる。

・ 関係を急速に深めようとするための行動

正直な人は、まず人間関係を築く。供給過剰な人は信頼関係を築く前に、親密さを高めるために個人的な情報を大量に提供する。

・ 個人的な話はあくまであなたの問題

提供し過ぎの人は自分が感じている痛みを伝えることによって、他者に自分の不安感を訴えようとする。だが、正直な人は不安な気持ちを抑えて、共有すべき情報かどうかを慎重に考える。

共有すべきか否か

個人的なことを人に話す前に、なぜその情報を共有したいのか考えてみる必要がある。

家計の状況を隣人に話したいのは、同情してほしいから?それとも、その人が信頼できる友人だから?健康問題について同僚に打ち明けるのはその人に、あなたの仕事ぶりに影響が出ることを知っておいてほしいから?それとも、親密な関係だと思ってほしいから?

もちろん、個人的なことを伝えておかなければならないときもある。妊娠して、診察のために仕事を休まなければならないなら、上司にそれを伝えなくてはならない。離婚して、夜間に子どもを預ける場所がないなら、残業ができず同僚たちに影響が出ることを伝えておかなければならないだろう。

個人的な問題に関する情報を共有する前に、なぜそのことを公表したいのか、共有した結果起こり得るのはどのようなことか、考えてみる必要がある。真正の人でありながら、同時にプライバシーを保つことは可能だ。そのことを、忘れてはならない。