携帯電話の通信費を大幅削減できる可能性がある「格安スマホ」。調べてみると、聞きなれない「MVNO」という言葉を目にする。

 MVNOとは、仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)のこと。ドコモ、au、ソフトバンクといった“大手キャリア”と呼ばれる事業者と違い、自社の通信回線を持たず、通信回線や設備をドコモやauから借りて事業を展開。設備投資が抑えられるので料金を安く設定できる。

 モバイルライター・太田百合子さんが語る。

「MVNO各社は、この1年で安さだけでなく、サービス面も強化し、使い勝手が向上しています。例えば、通話も可能なプランや0円で始められるプラン、パケットをシェアできるプランなど、大手キャリアに負けない頑張りを見せており、ますます期待が高まっています」(太田さん、以下「」同)

 また、So-netなどの通信事業者だけでなく、「楽天」や「イオン」、スマホアプリの「LINE」などもMVNOへ参入。お得で個性的なプランを提供している。

「格安スマホの手続きは、主にネット上で行い、実店舗があまりないのが特徴ですが、『イオンモバイル』では全国展開する『イオン』で契約ができるなど、本業の利点を生かしたサービスを行っています。また、『LINEモバイル』では、『LINE』で使う通信費がタダに」

 個性的なサービスとしては他にも、スマホゲーム『ポケモンGO』のデータ通信費をタダにする会社も(※)。

【※注:『FREETEL』では、2017年9月6日まで『ポケモンGO』のパケット料が無料に】

「特定の通信の通信費を無料にするサービスは大手キャリアでもやっていません。今後も、格安スマホならではのサービスは増えると思います」

 200社以上の事業者がサービスを展開しているMVNO。プランも細かく、何をどう選べばいいのかわからない…。そこで、太田さんと節約アドバイザーの丸山晴美さんら、スマホの達人におすすめのMVNOを挙げてもらった。

IIJmio】ユーザー満足度が高く、契約数が急増中!
 格安SIM業界でのトップシェアを誇るMVNO社。3GBがついたプランで月額1728円〜で、安定した回線品質の高さで高評価を得ている。ドコモとau、2つの回線を提供しているのも魅力で、余ったデータ量は翌月に持ち越せる。「定期的にユーザーが参加できるミーティングを開催していて、事業者とユーザーが直接情報交換ができる場があるので信頼度が高い」(太田さん)。

【OCNモバイル ONE】通信速度が速く、通話も5分無料と至れり尽くせり!
 NTTコミュニケーションズが運営。最新の格安SIMサービス通信速度調査では1位を獲得するなど、通信速度の速さに定評がある。データ通信専用SIMなら月額972円〜、音声付きSIMでも月額1728円〜。「最初の5分は通話し放題、データ容量が10GBまで使えるプランなどがあり、さらに翌月への繰り越しも可能。使い勝手は抜群です!」(丸山さん・以下「」内同)。

【So-net】とにかく安い!
 プロバイダー大手のSo-netが運営。月間通信量500MB未満までなら無料で使える「0SIM(ゼロシム)」を提供。以降100MBごとに108円加算される。ただし、申し込みは毎月「0のつく日」限定。「音楽を聴いたり、動画を見なければ500MBで充分。LINEもインターネット通信も不都合なくできます。とりあえずスマホを始めたい人におすすめ」。

【イオンモバイル&楽天モバイル】簡単に始められる
 MVNOの場合オンライン申し込みが基本で、実店舗がないケースがほとんどだが、イオンモバイルでは、全国の213店舗のイオンで申し込める。同様に、楽天モバイルも実店舗があり、楽天スーパーポイントが貯められて使える。「実店舗があると設定などに困った時にも対応してもらえて安心です」。

mineo(マイネオ)】アフターフォローもバッチリ!
 関西電力グループの通信会社ケイ・オプティコムが運営。ドコモとau両方の回線を提供。データ通信、090音声通話が月額1310円〜。「『マイネ王』というコミュニティサイトがあり、利用者が自由に書き込めます。さまざまな質問が24時間でき、それに対してユーザーがすぐに教えてくれるので疑問点が早く解決しやすいのが魅力です」。

【FREETEL(フリーテル)】通話にも便利
 通信事業とスマホの企画・設計・製造・販売を行う日本唯一のブランド。データ通信のみなら月額299円〜。「通話も『FREETELでんわ』アプリをダウンロードすればお得に。例えば、月額840円で5分かけ放題プランや、1回の電話が短い人は月額399円で1分間かけ放題プランも。利用スタイルに合わせて細かくプランを選べるのが魅力です」。

※女性セブン2016年11月3日号