「レディ・ダ・ヴィンチの診断」第3話の撮影で、吉田羊(左)が娘役・藤澤遥(右)とハロウィーンの仮装姿を披露/(C)カンテレ

写真拡大

10月25日(火)にフジテレビ系では「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(毎週火曜夜9:00-9:54)の第3話を放送。その撮影後に、主人公・志帆を演じる吉田羊がハロウィーンの仮装姿を披露した。

【写真を見る】カラオケボックスでのシーンを撮影する吉田と藤澤/(C)カンテレ

第3話は、ハロウィーンパーティーを行っていた女子高校生6人組が集団食中毒と見られる症状で搬送されてくる。だが、その中で朋美(唐田えりか)には全く症状が出ず、その一方で理恵(久保田紗友)は処置中に突然じんましんを発症。6人全員が別の疾患を抱えている可能性も浮上し、志帆ら解析診断部のメンバーは食中毒以外の感染症などを視野に入れて診断を始める、というストーリー。

吉田は、志帆がカラオケボックスで魔法使いの仮装をした娘・真央(藤澤遥)に朋美らの病気の原因について悩みを相談するというシーンの撮影後、スタッフから「羊さんも何かかぶってみませんか?」と勧められて仮装をすることに。

藤澤の「かぼちゃで!」というリクエストに、「一番ハードル高いやつね」と言いながらもしっかり仮装し、「恥ずかしい(笑)」とはにかみながらポーズを披露した。